ホーム | コラム | 樹海 | 失って初めて気付く、ものの価値

失って初めて気付く、ものの価値

 2日夜、リオ市の国立博物館で火災と聞き、テレビに釘付けになった。6月に開設200年を迎えた博物館の火災は「200年の喪失」と言われた。だが、米州大陸最古で1万2千年前の人骨、国内最大の恐竜の化石など、2千万点超の所蔵品の9割が焼けた事による実際上の損失は、ブラジル皇帝の元住居の損害よりはるかに大きい▼失ったものの回復は困難だが、所蔵品の貴重さにも関わらず、防災対策は不十分で、保険もかけてなかった。文化省は即座に再建開始というが、建物は直せても、焼失品は類似品やイミテーションを集めて来るのが関の山▼そう考えると、1日の日本人移民110周年記念コンサートで聞いた、日本人のフルート奏者、紫園香氏の話はまるで異なる輝きを放つ。同氏はサンパウロ州各地で演奏会を開き、卓越した技術と音色で聴衆を魅惑したが、演奏会で語られた彼女の話はより大きなインパクトを持っていた。これさえあれば大丈夫と思っていたものを突然失う経験と、それを埋めて余りある祝福に包まれた今の彼女の姿は、演奏以上に印象深い▼愛する人や経済的な基盤、健康まで失った彼女が、名医に会い、フルートを演奏出来るまで回復。教会でフルートを教えるよう乞われてクリスチャンになり、アフリカのスラムの子供にもフルートを教えたし、天皇陛下の前でも演奏した。世界中を演奏旅行して体験談を語る姿には、多くのものを失ったが、新しい命と生きる力を与えられた喜びを少しでも多くの人と分かち合いたいとの思いが漲っている。博物館の火災は形あるものは滅びると痛感させたが、演奏会は人生には炎をもっても壊せないものがあると教えてくれた。  (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!2017年7月11日 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!  「今年も日本祭り、お疲れさま!」――土曜午前10時過ぎ、サンパウロ市のジャパグアラ駅外の無料バス乗り場は、すでに30分待ち。会場の混み具合からしても、間違いなく例年以上の人出だ。その対応で、朝から晩まで働いた各県人会の婦人部や青年部始め、日系団体や企業の皆さん、県連役 […]
  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]