ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月26日

 22日にグローボTV局スタッフが、援協の自閉症児療育学級(PIPA)に取材に行ったという。先日、パウリスタ大通りを自閉症児療育に対する理解を訴える合同パレードがあり、それに参加した同学級の園児らが一輪車に乗ったりする立派な姿を見た同局の人が驚き、取材することになったとか。放映されれば、一段と一般社会からの同学級への理解が深まるのでは。ぜひ収容者数を増やして、この種の施設の全国的な模範に!
     ◎
 25日付け7面「岐路に立つ援協のあり方」記事中、「病院の営業利益の20%」とあるのは間違いで、「病院の総売上げの〜」が正しいと、援協からの指摘で分かった。お詫び訂正する。それにしても、普通の団体・会社なら、総売上げの2割をまるまる慈善事業に充てることはありえない。それで経営が成り立つところが、どれだけあるのか。それゆえに〃公益〃団体なのだろうが、政治家にでもお願いして、もう少し実現可能な条件設定に法改正できないものか。
     ◎
 数々の逆境を乗り越え愛知大に合格したラファエル・ユキオ・クスキさんのジャパンタイムスの記事を、昨日本紙のフェイスブックに掲載。すると、わずか一晩で2300人以上が閲覧したことが分かった。普段のアクセス数は200人程度なので編集部一堂ビックリ。在日韓国人のファンからも「胸が熱くなった」とコメント。某大手新聞記者は「地方紙でも全国紙でもなく、英字紙が報道するとは…考えさせられる」との感想を書き込んだ。それをさらにブラジルの邦字紙が翻訳、報道してこの反響だ。多くの日本人に知ってほしい事実だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]