ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月26日

 日本語普及センター元理事長、柔道の講道館8段・ブラジル9段の柳森優さん(92、熊本)が先頃、自伝『新青雲』を刊行した。貴重な体験談が満載された自分史だ▼今ではリオ五輪でメダルを狙える花形競技として大注目を浴びる柔道だが、かつて畳がない時代には茅を敷いたり、ノコクズを製材所から貰って広げたり、古タイヤを細切れにして、その上からキャンバスを張って畳の代わりにしたとある。日本製の柔道着が手に入らない時代にはメリケン粉の袋を使って自家製したとも▼戦前から柔道を始め、1949年から本格的に指導を始めたという柳森さんだけに、まるで当地柔道史を体現したような経験ばかりだ。「サッペ小屋から始まったブラジルの柔道も今や世界の強豪と争う」と変遷を振り返り、「ブラジルに最初に柔道を紹介したのは移民、現在のブラジル柔道界を見て感無量です」と締めくくる▼一方、戦前のこんな逸話も。41年初めに父から「徴兵検査の年齢になったから、帰国して日本人としての義務を果たしたらどうか」と手紙が来た。当時作っていた棉の値段が悪く帰国は難しかったが、ようやく決断した。その直後に姉が妊娠し盲腸炎に罹って入院したので、帰国を延ばしたら真珠湾攻撃…▼終戦後5年目に兄からの便りで、42年に父が死んでいたことが分かった。いわく「父が死ぬ直前、優の名前を3回呼んで息絶えた」という。妹はそれを聞いて「悲劇ですね」と落胆したという▼柳森さんの著書に興味のある方は本人(11・3681・8790)まで連絡を。皆さんもぜひ自分史を書いて弊紙まで。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか2016年8月26日 なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか  「もしボクシングがなければ、俺は生きていなかった。サルバドールには死と暴力が溢れている。俺はかつて暴力的だったし、ケンカっぱやかった。ボクシングがなければ、俺の人生はまったく違っていた。たくさんの人は『ボクシングは暴力的だ』というけど、それは違う。ボクシングを知る前、俺は本当 […]
  • 負けた時ほど慰めと励ましを2016年8月25日 負けた時ほど慰めと励ましを  リオ五輪での伯国は、12種目で金7、銀6、銅6という過去最高の結果を残した。だが、伯国五輪委員会は、バレーは頑張ったが、柔道や水泳は期待外れと評価した。五輪委員会は27~8個のメダルを望んでいたから、19個では不満だ▼棒高跳びのチアーゴ・ブラスが金を獲った翌日、あっけなく予選 […]
  • 「国の春ファベラ育ちの金メダル」2016年8月19日 「国の春ファベラ育ちの金メダル」  《国の春ファベラ育ちの金メダル》―14日に聖市文協が主催した「全伯俳句大会」では、当日出される席題として「リオ五輪」と「春季一切」が出され、冒頭の様な句を詠んだ鈴木文子さんが1位になった。麻薬密売人がうようよするシダーデ・デ・デウス出身の乱暴者が、柔道との出会いによって「伯国 […]
  • ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある2016年8月13日 ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある  《黒人女性、貧困、リオ五輪初の金メダル、ブラジルの顔》―スペイン「エル・パイス」紙ポ語版10日付電子版はそう報じた。柔道家ラファエラ・シルヴァの金メダルは伯国のものだが、実は日本の〃勝利〃でもある。日本の日本人にも心から喜んでほしい▼彼女はリオ市郊外の巨大貧民街「シダーデ・デ […]
  • 訓練で周囲の人の目を変える2016年6月30日 訓練で周囲の人の目を変える  通勤途中の地下鉄の中で電話を受けた。ポ語でやり取りする中、すぐ傍でこちらの言葉尻をとらえてと思われる会話と笑い声が聞こえた▼伯国に長く住んでいても、LとRの区別が甘いといった発音の癖が笑いの種にされる事はままある。しゃくにさわり、笑っていた理由を聞き、「あんた達だって日本に行 […]