ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルのバランス感覚

ブラジルのバランス感覚

 日系団体の会議を取材していて、定款の改正に関わるものがある。民法改正に伴うものなのだが、長く議論した挙句、改正事項が変更されたり延期になったり。「あの時間は何だったのか…」と思ったことがある。「日系人は真面目に対応しようとするけど、こんな朝令暮改の国では、まずは静観が正しいんだよ」との意見に頷いたことがある▼コラム子が車を預けている駐車場に、ビルが建築されるという。家からも近いし安かったのだが退去するしかない。日に日に車は減っていく。仕方なく割高な駐車場に移動した。後日、普通に営業しているではないか。聞けば、ビル建設は許可が下りず、管理会社が変わり営業は続行するという。要は居座るのが正解だったわけだ▼大騒動になっている医療保険会社「ウニメージ・パウリスターナ」の経営不振問題。10月1日までに、他の保険会社に顧客を移す命令が出ている(本日付7面)。いち早く契約を切り他に移るべきなのか、静観の構えを取ったほうがいいのか。判断に悩むところだ▼ちょうど診察を受けたばかりだという知人の女性に「でも、ウニメージだと検査を受け付けてくれないだろう」と医師。再診はできても検査結果がないのでは意味がない。「どうすればいいのか…」と悩んでいると、この医師は、「10月になったら正常化されるはず」と言っているとか。他の保険会社への移行のことなのか、ブラジル的に収拾が図られることが医師同士の情報で分かっているのか。損得の基準がこうしたさいの〃運動神経〃にかかっている。問題を放っておいて流れに任せる人が多いのも分かる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]