ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルのバランス感覚

ブラジルのバランス感覚

 日系団体の会議を取材していて、定款の改正に関わるものがある。民法改正に伴うものなのだが、長く議論した挙句、改正事項が変更されたり延期になったり。「あの時間は何だったのか…」と思ったことがある。「日系人は真面目に対応しようとするけど、こんな朝令暮改の国では、まずは静観が正しいんだよ」との意見に頷いたことがある▼コラム子が車を預けている駐車場に、ビルが建築されるという。家からも近いし安かったのだが退去するしかない。日に日に車は減っていく。仕方なく割高な駐車場に移動した。後日、普通に営業しているではないか。聞けば、ビル建設は許可が下りず、管理会社が変わり営業は続行するという。要は居座るのが正解だったわけだ▼大騒動になっている医療保険会社「ウニメージ・パウリスターナ」の経営不振問題。10月1日までに、他の保険会社に顧客を移す命令が出ている(本日付7面)。いち早く契約を切り他に移るべきなのか、静観の構えを取ったほうがいいのか。判断に悩むところだ▼ちょうど診察を受けたばかりだという知人の女性に「でも、ウニメージだと検査を受け付けてくれないだろう」と医師。再診はできても検査結果がないのでは意味がない。「どうすればいいのか…」と悩んでいると、この医師は、「10月になったら正常化されるはず」と言っているとか。他の保険会社への移行のことなのか、ブラジル的に収拾が図られることが医師同士の情報で分かっているのか。損得の基準がこうしたさいの〃運動神経〃にかかっている。問題を放っておいて流れに任せる人が多いのも分かる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロの新党、いつできる?2020年7月17日 ボウソナロの新党、いつできる? 「ところでボウソナロの新党はいつできるの?」。熱狂的な人気と同じかそれ以上に強いボウソナロ大統領のアンチたちの間では、いろんなからかいネタがあるものだが、この「新党がいつまでたっても出来ない」のも、そのひとつだ。  昨年11月、ボウソナロ大統領が社会自由党(PSL)離 […]
  • 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]