ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》世論調査も票集計も、実は米国よりブラジルの方が上?

《記者コラム》世論調査も票集計も、実は米国よりブラジルの方が上?

トランプ大統領(Twitter de Trump)

トランプ大統領(Twitter de Trump)

 3日、米国では4年に1度の大イベント、大統領選が行われた。全世界の人が票の動向を血眼になって追い、コラム子もご多分に漏れず、注目している。だが、前回16年のときに感じたあの「違和感」は今回も引き続き感じられた。
 その違和感とは「世論調査」、そして「票集計」だ。前回の選挙も「ヒラリー・クリントン氏の勝利」が予想され、今回の選挙でもジョー・バイデン氏の圧勝が予想されていた。ところが蓋を開けてみると、前回の選挙ではトランプ氏が勝利し、今回の選挙でも手に汗に握る大接戦となっている。このような、「予想との食い違い」が生まれてしまうのはなぜなのだろう。
 コラム子は2010年以降、ブラジルで3度の大統領選と、今度の15日のもので3度目となる市長選を経験しているが、米国大統領選のように世論調査での予想が外れる光景は見たことがない。
 読者の中には「18年の選挙のとき、ボルソナロは決選投票で多くの候補者に負けると予想されていたじゃないか」と反論する方もいるかもしれない。だが、それはあくまで投票日から離れたタイミングでの調査の話だ。
 投票の1週間から10日ほど前からはじまった独走タイミングの際にはダッタフォーリャ、イボッピといった調査機関はしっかり予想できていた。「選挙当日になってみてびっくり」という事態はこれまでにない。
 一体、どういうサンプル統計をすれば、そんなにずれるのか。人口はアメリカで3億2千万人、ブラジルで2億1千万人と数は違うものの、ブラジルだってそれなりに大きな国だ。しかも、持っているテクノロジーで比べればブラジルより断然上のはずだ。
 そして、コラム子がもっと理解出来ないのが「集計方法」だ。アメリカほどの技術大国が、なぜ電子集計を行わないのか。それこそブラジルでは、もう10年以上も前から導入されているやり方で、これにより集計までの時間も節約でき、不正防止もできている。
 これに関しては、日本も同様に紙による集計を行っているからさらに不思議だ。トランプ氏は4日、事前投票で投じられたウイスコンシン州とミシガン州の票の数え直しを求めていたが、それで不正を疑うのなら、自分の4年の任期のうちに選挙法を改正して電子投票にするべきだったのではないか。
 15日にはブラジルでも全国市長選だが、世論調査の正確さと、投票結果発表の迅速さを改めて示してほしいところだ。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=黄熱病の死者は昨年の4倍=予防接種率低迷で懸念広がる2018年8月31日 サンパウロ州=黄熱病の死者は昨年の4倍=予防接種率低迷で懸念広がる   サンパウロ州保健局によると、今年に入ってからの黄熱病の死者は8月17日までで176人に上り、既に昨年1年間の死者38人の4倍を超えている。  今年の死者は、7月4日に報じられた、昨年1月以降の死者213人の時点より1人増えただけで、全てが野性型の感染による死者だ。  だ […]
  • 日系農協活性化セミナー=4カ国の農協が交流=全中から樋口総務次長も2010年1月28日 日系農協活性化セミナー=4カ国の農協が交流=全中から樋口総務次長も ニッケイ新聞 2010年1月28日付け  農協の抱える問題や、今後のあり方について話し合う『第10回日系農協活性化セミナー』が25日、サンパウロ市のニッケイパラセホテルで開幕した。JICA、ブラジル農業拓殖協同組合中央会(農拓協)の共催。 […]
  • ◇コラム 樹海2006年10月3日 ◇コラム 樹海 […]
  • 大太鼓を用いた全体練習は迫力がある2014年2月4日 和太鼓全伯チャンピオン「飛翔」=日本大会に向け猛特訓! ニッケイ新聞 2014年2月4日 特産のぶどうの収穫期を迎えるコロニア・ピニャールの果樹園に、迫力のある太鼓の音が鳴り響く。 昨年あった『第10回全伯太鼓フェスティバル』のジュニア部門で優勝したコロニア・ピニャールの飛翔太鼓が、3月に福島県郡山市で行われる日本太鼓ジュニアコ […]
  • CV首領奪回計画のブラジル人死亡=パラグアイ警察との銃撃戦で2018年10月26日 CV首領奪回計画のブラジル人死亡=パラグアイ警察との銃撃戦で  ブラジルの国境からパラグアイ側に10キロ入ったプレジデンテ・フランコ市(アスンソン市の東方330キロ)で24日未明、リオ市に本拠を置く犯罪集団コマンド・ヴェルメーリョ(CV)の首領奪回を企てていたブラジル人3人が、パラグアイ警察との銃撃戦で死亡したと24、25日付ブラ […]