ホーム | コラム | 樹海 | 歯並びの悪い日本人

歯並びの悪い日本人

 遺伝なのか、矯正しないせいか知らないが、日本人には歯並びが悪い人が多いと思う。八重歯を可愛いと感じるほどに無頓着でもある。しかし、白く整然と並んだ歯、あるいは矯正器具を惜しげもなく見せて笑うブラジル人の中で生活すると、考えが変わってくる▼当地では治療費が比較的安いこともあり、コラム子も今は口元に銀の矯正金具を光らせている。日本人は体も顔も小さい上、元々は農耕民族なのに近年は柔らかい食べ物を常食するため、あごの発達がチグハグになったのか。それで収まるものも収まらなくなり、歯並びにずれが生じたのか―▼そんなことを考えていたら、「日本人の歯の寿命をのばす会」というサイトを見つけた。その代表の歯科医師によれば、北欧は歯の寿命が長く、日本は短い。例えば80歳の時点での自前の歯数は、スウェーデンでは21本、日本はわずか9本。砂糖消費大国の米国ですら17本と、驚くべき差がある▼その違いを生むのは、彼いわく、普段の手入れ。日本人は歯に不調がある時にしか歯医者に行かないが、北欧は定期予防やクリーニングのためこまめに受診する。両者の受診率の差、なんと88%である▼歯があれば食べることが楽しくなり、噛むことで血流も促進される。生活意欲も向上するので、歯が多く咀嚼能力の高い人ほど認知症患者が少ないという研究結果もある。歯列矯正は概して美容のためと思われがちだが、噛みあわせの悪さは脳の働きを鈍らせ、頭痛や肩こりまで引き起こすので、健やかな老後には欠かせないようだ▼ブラジル人の生活習慣には疑問符をつけたくなることもあるが、美しい歯を保つ努力は是非見習いたい。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]