ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月24日

 鳥居をくぐると、そこは別世界——。県連日本祭りは今年も盛況のうちに終わった。準備に関わった県人会諸氏に、心から「お疲れ様でした!」と言いたい。各ブースの〃故郷の味〃もさることながら、一生懸命に手伝っている多数の男女青年の姿を見たことが、何よりの眼福であった▼バンジTV局では連日、日本祭りのコマーシャルがバンバン流れていた。コロニア発の行事では珍しい。来場者側にも、日系人に「どうして日系社会は文化継承に成功しているのか?」と熱心に質問しているインテリ風ブラジル人、東北被災3県の写真展にじっと見入るブラジル人青年など、各々この場から刺激を受けている様子が感じられた。日本文化に親しみを持つブラジル人が多く生まれている▼食の広場では、暑い中でも黒い背広を着た護衛風3人組の厳ついブラジル人男性が額に汗を浮かべながら喜多方ラーメンをうまそうに箸で啜っていたり、中世の西洋貴族令嬢風ドレスをきた非日系コスプレ少女が手に讃岐うどんを持っていたり、日本祭り独特の風景が見られた▼ただ残念だったのは希望の家園生が行方不明になり遺体で発見された事件だ。再発防止に向け、関係者は最大限の努力をすべきだ。加えて今年もまた女性用トイレが足りず、長蛇の列ができていた。無料バスの列も長かった。駐車場入口に値段表示がなくて出口でいきなり30レアルは高いと感じるし、出口の方向指示もなかった。改善の余地はまだある▼とはいえ、会場を出た時に「日系社会が力を合わせば、これだけのことができる」と誇らしい気分になれることが、この祭り最大の収穫だ。一般社会へ貢献する行事として末永く続けて欲しい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!2017年7月11日 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!  「今年も日本祭り、お疲れさま!」――土曜午前10時過ぎ、サンパウロ市のジャパグアラ駅外の無料バス乗り場は、すでに30分待ち。会場の混み具合からしても、間違いなく例年以上の人出だ。その対応で、朝から晩まで働いた各県人会の婦人部や青年部始め、日系団体や企業の皆さん、県連役 […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」2016年7月12日 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」  「お疲れさま!」――県連日本祭りの裏方を務めたみなさんに、今年も心からそう言いたい。県連役員はもちろん、各県人会や婦人会、青年部、そして出展者、ボランティアのみなさんにだ。数千人が準備に関わり、1年がかりで積み重ねた打ち合わせ、会議、連絡の成果が、この3日間に花開いた▼同じ会 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を2016年10月21日 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を  移民110周年は地方日系団体にとってだけでなく、サンパウロ市にとっても重要な機会だ。中でも県連には今も「日本文化を残そう」「日本との強い絆を」という強い意気込みがある。そのシンボルが、地元主催としては世界最大規模の日本をテーマにした大イベント「県連日本祭り」だ▼欧米で行わ […]