ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月27日

 ここ数日、議会と最高裁が対立を続けている伯国だが、アルゼンチン下院では、クリスチーナ大統領の提案による司法界の再編成案が25日に賛成多数で可決された。上院での投票はまだだが、大統領による「司法の侵害」を怖れている国民も少なくない。奇しくも2国が似たような状況下にある中、ジウマ、クリスチーナ両大統領は25日の首脳会談後、南米諸国での民主主義発展を喜ぶ発言をしていたが。
     ◎
 13年第1四半期における聖市での殺人事件のデータが発表され、前年同期より18%上昇したことが明らかとなった。23日付の本頁で、聖市で2001年から11年で殺人事件が80%ほど減少したと報じたが、州都第1コマンド(PCC)と軍警の抗争が激化した12年以降はさすがにそうは行かなかった。殺人事件が特に増えたのは中央部で、78・6%も上昇している。南部でも高い数字が出ている。
     ◎
 聖市地下鉄では、全62駅のうち21駅が改装に入る。具体的な作業は床の張替え、駅の外側の歩道や通路脇の低い壁などのリニューアル、照明の交換、壁紙の取り替えなど。レプブリカ駅の改装は既に始まっており、続いて開始予定のセー駅、アニャンガバウー駅など中央部の駅からはじめて14年末には21駅すべてが終わる予定。来年は4号線の延長と17号線の設置もあるはずだが、そちらは果して。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月17日 東西南北  ブラジリア時間11月29日未明に起きた飛行機墜落事故でのシャペコエンセの生存者選手3人のひとり、センターバックのネットが15日夜、サンタカタリーナ州シャペコー市に帰ってきた。これで事故の生存者4人のブラジル人全員がブラジルに戻って来たこととなった。空港では多くのファンが出迎え […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジ聖市市長とアウキミン聖州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月の聖州知事選に関する […]
  • 東西南北2013年12月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月6日  メンサロン事件の主犯として服役中ながらも昼間外出許可を活かす形での労働を望み、ブラジリアのホテルから月給2万円で働く契約を交わして世間を驚かせたジョゼ・ジルセウ氏。現在、裁判所の許可待ちの状態だが、刑執行裁判所は許可を出さないであろうと言わ […]
  • ブラジル=暴力のコストはいくら?=国際機関が算出、年間9兆円相当2017年2月4日 ブラジル=暴力のコストはいくら?=国際機関が算出、年間9兆円相当  米州開発銀行(BID)がブラジル国内での暴力・犯罪コストを算出した。  2014年にブラジル国内で起きた暴力事件による損失を金額に換算すると、国内総生産(GDP)の3・14%に当たる2580億レアル(9兆円相当)の損失となったという。  ブラジル国内で最も頻繁に暴力事件が […]