ホーム | 日系社会ニュース | 援協役員会=高齢者介護病院、10月定礎式か

援協役員会=高齢者介護病院、10月定礎式か

ニッケイ新聞 2013年4月27日

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)の4月度定例役員会が18日、本部の会議室で行われた。
 サンミゲル・アルカンジョ市のSUS病院建設委員会からは、今月13日、今年度から同市長を務める小田原ジョゼ氏が初めて建設地を訪れ、打ち合わせが行われたとの報告があった。
 菊地会長は「5月30日までに仕上げる。イナウグラソンは6月18日の移民の日に行う案があるが、来月現地で調整する」と説明した。
 「公益団体の認可を確保するための重要な事業」と位置づけているグァルーリョスの高齢者介護病院については、サンミゲルの病院が開所した後の8、9月から本格的に準備を始め、10月頃の定礎式挙行を目指すという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられ […]
  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]
  • ■訃報■宮坂四郎さん2017年7月27日 ■訃報■宮坂四郎さん  〃伯国の大豆の父〃として知られる農学博士の宮坂四郎さんが、26日午前1時ごろ、自宅で突然亡くなった。享年92。 […]
  • ドミニカ移住60周年=転住して成功、清水さん=「全部が地獄な訳ではない」2016年3月18日 ドミニカ移住60周年=転住して成功、清水さん=「全部が地獄な訳ではない」  「戦後移民史上で最悪」と呼ばれたドミニカ移住から60周年――元同移民で聖州イビウーナに転住した清水英雄さん(75、東京)から話を聞くと、「決して全てが地獄だったわけではない」と証言した。暗い印象ばかりの同地移住の中で、成功をおさめた清水さんに当時の記憶を振り返ってもらった。  […]
  • 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事2016年6月11日 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は日本移民108周年を記念し、今年も移民の日前後に各種行事を行なう。詳細は次の通り。 18日午前8時より『先駆者慰霊ミサ』、サンゴンサーロ教会(Praça Dr. João Mendes, 108 […]