ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月27日

 手許の歴史年表を開き昭和26年9月8日を見ると、吉田茂首相が講和条約に署名し、池田勇人や一万田尚登両全権らが立ち並ぶ大きな写真が掲載されている。あのサンフランシスコ講和条約の調印式であり、この条約の発効によって7年近い連合国の占領から開放され夢にまで描いた独立を成し遂げた記念すべき日である。この講和条約を巡っては国内でも大論争があり、宰相吉田茂は全面講和を主張する東大総長の南原繁を「曲学阿世の徒」と批判する一幕もあった▼あの当時の国際情勢は朝鮮戦争が勃発しアメリカと旧ソ連、中国の対立が先鋭化し真に険悪な空気が世を覆い、何時—第三次大戦の幕が開くかの議論までが論壇を賑わせもした。この旧ソ連は講和条約には署名せず「新しい戦争のための条約」と非難するなど話題は尽きることがなく続き、日本の与野党の対立も今では想像もできないような「暴力沙汰」も多かった▼この講和条約成立には、米国務省のダレス顧問の尽力があったし、後に首相になる池田勇人氏が訪米し黒子になって活躍した裏話もある。側近で秘書の宮沢喜一氏も「あの頃はおカネがなくて池田さんも安宿に泊まり米政府側と交渉したんですよ」と秘話を語っているし、池田氏が陰の功労者でもあったのはもっと人口に膾炙されてもいい▼この「主権回復」を祝い、条約が発効した昭和27年4月28日を記念し政府主催の式典が憲政会館で開かれる。天皇もご臨席になるし、全国の知事も招かれているが、沖縄は欠席し副知事が代理と複雑な動きもあるけれども、ここは「独立万歳」と祝福の乾杯を上げたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]