ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月3日

 10年前まで「電気炊飯器」といえば、ブラジル人からすれば「東洋街の日系商店にしか売っていない奇妙なエスニック製品」というイメージだった。「便利だよ」と勧めても、「ご飯はなべでニンニクと炒めてから炊くもの。専用の炊飯器などムダ」と言われたものだった▼ところが先日、聖市内の某ショッピングの大手家電販売店に入ったら、入口にズラッと売り出し中の炊飯器が並んでいて驚いた。日本の会社でなく、みな当地の会社だ。それを見て、ブラジル社会が急激に変化している軋み音が聞こえた気がした▼大都市では核家族化が進み、夫婦共働き増加を背景に、例の家政婦正規雇用法が決定打となって炊飯器が普及しだしたのではないか。しかも売り場には「炊飯だけでなく野菜調理にも」との謳い文句が踊る▼本来は、昔から東洋街では幅を利かせている「象印」などが地道に営業して一般社会に販路を広げていれば、今ごろ当国市場を独占していたかも——と思うと、ちょっと残念だ▼思えば20年前からデカセギは日本で炊飯器を使っており、それで「トルタやフェイジョアーダを作った」との話をよく聞いていた。その時は「一体どうやって?」と思い、ブラジル人の発想は「実に自由だ」と半ば呆れながら感心したものだった。でも今こそ、そんな経験を持つデカセギからアドバイスをもらって「伯人向け炊飯器」を開発したらどうか▼日本の炊飯器を使い慣れたデカセギが4年で10万人も帰伯している。日本の製品を知っている彼らが口コミで一般市場に広げれば、「家政婦の代わりに日本家電を」という突破口にならないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]