ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月23日

 福博村会の田辺治喜さんは、「今でも青年会の登録名は〃福博25青年会〃というのですが、創立メンバーが25人だと勘違いしている人がいる」と前置きし、「実は創立メンバーは13人です。日本移民25周年の6月18日に創立したから25青年会というのです」との歴史を説明した。今も青年会創立メンバーの杉本正さんら2、3人が健在だという。80年の歴史を実感しに参加してみては?
     ◎
 岡村淳さんの著書『忘れられない日本人移民』には、日本で売られる新刊にはほぼ必ず付いている帯が巻かれていない。これは同書を出版した「港の人」社のこだわりで、朝日新聞の記事によれば、同社の黒舘勇治代表が「福島原発事故のショックで、当たり前のことを疑わないと社会も変わらないと思った」ことがきっかけとか。「帯が本の内容を凝縮したものならいいが、本来の書籍の姿からすれば余計なものでは」と考え、慣習でつけるのではなく帯なしで美しい本を目指すことにしたそう。実際に出来上がった岡村さんの本を見ると、表紙や文字の書体が良く十分魅力的に見えた。思わず納得。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年10月4日 大耳小耳  「ブラジル老荘の友」9月号は読みどころがたくさん。JICAシニアボランティアの鳥羽肇さんの投稿「あけぼのホームでの活動」に、こんなピアーダがあった。入居者の体調を知るために「お通じ(便)はでていますか?」という質問をする際、ある高齢者が黙って返事をしないことがあった。てっきり […]
  • 大耳小耳2019年9月26日 大耳小耳  『ブラジル老荘の友』9月号を見ていたら、「三山ひろし様へのファンレター」(イタペチ万寿会・壇正子)との一文に目を引かれた。6月の三山ひろしのショーで《心を奪われた》とのこと。いわく《貴方様の美声(特に高音部の響き)に酔い、痺れ、心を奪われ、そして癒やされました。歌を聴いて癒や […]
  • 大耳小耳2019年9月24日 大耳小耳  7月に発行された『コチア青年会報』第47号には、永松通一(みちかず)さんの「日本国籍」という一文が掲載されていた。ブラジルに帰化したが、日本国籍を再取得しようと思ったら難しいことが分かり、困っているという話だ。帰化を勧めたのはコチア組合の移民課の人で、「キミたちはブラジルに永 […]