ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年5月23日

 22日付け大耳小耳欄で紹介したが、群馬県大泉町では昨年から、日系ブラジル人を含めた住民らが道路清掃に取り組んでいる。小さな乱れが治安の悪化に繋がるとの考えからだ。
 コラム子は日本で小学校の教師をしていたが、学内でも同じことが言えた。教室環境の乱れと生徒の荒れは比例するので、荒れている時こそ掃除はおろそかにできない。自分が掃除をすることで「環境を綺麗に保とう」という意識が芽生え、秩序を保ちやすくなる。
 聖市役所では業者に大金を払って道路清掃をさせているが、教育水準が高い住人が多いであろう高級住宅街ですら、掃除業者が休むと道がゴミだらけになるのが現実だ。
 どうせきれいな街を目指すのなら、義務教育に掃除哲学の指導と実践を導入できないものか。掃除夫に払う金を回せば意義ある将来投資になり、同時に治安の改善にも繋がるはずだ。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ