ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月24日

 明朗快活で、話し振りも自信に溢れたTryfundsの丹野裕介社長。元水泳の選手で、高校時代には全国大会にも出場したスイマーだった。早稲田大学卒業後に入社した大手人材教育系企業でも、業務実績などの評価によって与えられる社内賞を総なめする活躍を見せたとか。ブラジルを舞台として活躍する若者に、ほぼ同世代の耳子も刺激を受けるばかり。
     ◎
 五線譜を使って演奏できる琴を独自に製作し、演奏活動をする滋賀県長浜市の内藤方于さんが本日来伯し、この週末にワークショップと公演を行う予定だ。23日付け京都新聞でも紹介されている。内藤さんは、この琴の教室を開いて長浜市内に住むブラジル人の子どもたちに琴を教えたり、毎年3月に開く定期演奏会でブラジルなど南米の演奏者と協演するなどしているそうだ。「琴でボサノバを演奏するのは難しいが、すごく美しい響きになる。日本とブラジルが融合した音で両国をつなげたい」と意気込みは十分。
     ◎
 仏心寺婦人部が5日に行った「第21回慈善バザー」。記者が取材し、その好評ぶりを本紙でもお伝えした。先日、斉藤明子婦人部長が編集部に送った日ポ両語の丁寧な礼状を落手した。ボランティアの皆さんに感謝の言葉を述べる内容で、こうした気持ちは手伝っている人にも伝わっていることだろう。新聞社にはイベント告知の来社は多いが、その報告となるとほぼなく、こうした礼状は皆無に等しい。助け合い支えあいのイベントだけに、こうした心遣いとイベントが長く続くことを祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]