ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年5月1日付け

 サンパウロ市議会で四月二十八日にあった日系メディア表彰では、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など十五媒体が選ばれた。日系ポルトガル語記者の草分けである山城ジョゼ氏のほか、多くの元記者らもその貢献を称えられた。名前は上がらなかったものの、戦前・戦後に渡り、コロニアのためにペンに生きた無名の記者たち、そして今回の表彰を辞退した〃無冠の帝王たち〃がいたことを特記しておきたい。
    ◎
 日本でも人気の高い、リオにある最古のサンバチーム「マンゲイラ」が四月二十八日に創立八十周年を迎えたことを記念して、特別な切手が発売された。Japan Brasil Consultant代表の佐久間圭輔さんは「マンゲイラ大使」に任命され、日本との交流に一役買っており、『マジア・ド・サンバ=知られざるリオのカーニバル』(アララ文庫、〇七年)などの著書まである。この記念切手は十二枚組で千枚発行されており、同チームの会館(rua Visconde de Niteroi, 1072, Rio; tel. 0/xx/21/3872-6786)で販売中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]
  • 大耳小耳2016年2月16日 大耳小耳  群馬県の上毛新聞10日付け電子版によると、同県「ブラジル・タウン」として知られる大泉町の「2015年末時点の外国人住民国籍数は54カ国に上り、外国人流入のきっかけとなった1990年の改正入管難民法施行以降、最多となった」、また「最大勢力のブラジル人は、97年に外国人全体の8割 […]