ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年6月7日

 最近、サンパウロ市の高級オフィス街ジャルジンスで真っ昼間に2件もの銃撃戦が起きた。美容院を襲った2人組は、20人もの人質をとって警察官とやりあったとか。警備員も防犯カメラも効果なし? と思えるやぶれかぶれなやり方だ。しかもジャルジンスは本紙記者も訪れる機会が多いので、余計にショック。先月、軍警大佐が「サンパウロ州の治安は悪くない」と話していたが、悪化しているように見えるのは気のせい?
     ◎
 開催を1カ月半後に控える県連日本祭り。今年は、会場代が5万レアルも上がり、ガスや水道の費用もインフレの影響で高騰。経費の総額は、昨年比10%弱の増加になりそうだとか。一方で資金に関して、スポンサー集めに奮闘する園田会長は「今まで出してくれていた企業が撤退するようなことはなさそうだが、出す金額が減ってしまうところもあって…」と台所事情は厳しい様子で、「色々と非常に難しい」とため息。戦後移住60周年式典も行われる会場だけに、運営面の不安が何とか解消することを祈るばかり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]