ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年6月14日

 サント・アンドレ市議会の『移民祭』で表彰された原田さん。式の最後に行われた弟子による日本舞踊の発表の際、真剣な眼差しで演舞を見つめ、音に合わせて相槌を打っていた。終了後に話しかけると「緊張で笑顔が足りなかった」と指導者目線ながらも「弟子たちの成長を見るのは自分にとって大きな喜び」と、地元が認めたお人柄を覗かせた。
     ◎
 今や、首相官邸もファンページを持つフェイスブック。クリチバ総領事館も12日、公式ページを開設した。プレスリリースでは伝えきれない情報を、ソーシャルメディアならではの内容で発信していくとか。本紙も2年前にファンページを作ったが、280人程度のファンのうち大半は20〜50歳。ネット時代、若者の注目を集めるにも効果的のようだ。
     ◎
 今週末の土曜日(15日)に控えるコンフェデ杯の開幕カード・日伯戦。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)では、同日の正午から東洋会館(Av. Liberdade, 365, Liberdade)で開かれるフェイジョアーダ会の後、大スクリーンで観戦会を開く。13日付けフォーリャ紙も触れていたが、ブラジル国内での日伯戦は24年ぶり。歴史的一戦の応援をぜひACALで。

image_print

こちらの記事もどうぞ