ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月4日

 ある村には正直族と嘘つき族しか住んでいない。あなたの前に二人の住民が来てそれぞれ「私は嘘つき族だ」という。この二人は何族でしょう? こんなクイズでかつて頭を悩ませたことを思いだした。ブラジルでは、こうした状況によく出会う。コロニアも同様、今回の七夕騒動である▼ACALと宮城県人会の確執は長い。話が入り組み過ぎて理解が難しいし「仲良くやろうよ」としかいえない。要は意地の張り合いで、ずっと喧嘩してきたわけだ。とはいえ共催の形を取ってきたわけだが、35回目の今年、ACAL単独開催という正式に袂を分かつ形となった▼3日付けの記事をご覧きたい。「開催予定日を打診すると『無理』と言われそれから会議に来なくなった」(ACAL)→「何かの勘違い」(中沢会長)。「一方的に単独でやると言ってきた」(中沢会長)。しかし宮城の実行委員長である鈴木運蔵さんが話をしていた。「ACALが呼び出した」(中沢会長)、「中沢会長に行けと指示された」(鈴木氏)。さあ、このクイズを解ける読者の方がいるだろうか▼ACALは七夕祭り開催のお知らせのため記者会見に加え、本紙編集部に来社。何か歯切れの悪い雰囲気で、池崎ACAL会長の姿もなかった。時を同じくして中沢会長も来社、「祭り当日にトラックがガ・ブエノ街に入り、飾りが壊れる」と運営批判したうえで、婦人部が飾りを作っている様子を読者に知らせてほしいと依頼。しかし、その苦労も骨折り損となったのは既報の通り。今月末に創立60周年式典のため来伯する宮城県副知事は短冊にどんな願いを書くだろうか。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]