ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月6日

 東京・音羽の鳩山家は政界の名門であり、今話題の由紀夫元首相は4代目にあたる。戦後の復興に尽力し、独立に漕ぎ着けた宰相・吉田茂氏に病身を押して戦いを挑み日ソ交渉を成功させた鳩山一郎首相、3代目は大蔵省の事務次官になり、田中角栄氏が後継者候補の一人と期待した威一郎氏と—ここまではまあ一流の人物がいたが、4代目になると、同じ「鳩」なのだが—煮ても焼いても食えない▼この元首相の失言は今に始まったことではない。民主党が天下を取り首相に就任すや、沖縄の普天間基地を本土に移転すると語り、沖縄県民から大喝采を受けたが、そんなことは出来るわけがないし、早々に「申し訳ない」と陳謝し幕引きとなり、日本外交の基軸である日米関係も目茶苦茶にしたの前歴?もある。今年の1月には中国要人と会談し「尖閣諸島は係争地」と語り日本は大騒ぎになった▼このときに小野寺五典防衛相は「久しぶりに『国賊』という言葉がよぎった」と厳しく批判したが、こんな折角の諫言も、あの朴念仁にはまったく通じない。今度も中国まで出かけて行って尖閣は「中国から盗んだと思われても仕方がない」と語り、政界を始め国民レベルでも批難の渦が巻き起こっている。菅義偉・官房長官は「憤りを感じる。鳩山氏はこれまでにも無責任な発言で政治の混乱を招いた」と強く嗜めている▼鳩山氏は政界を引退したが、6月末までは民主党の最高顧問だった。その民主党幹事長の細野豪志氏からも「国益を損なうあまりに酷い発言だ」と真に厳しい。ここは鳩山元総理よ、放言もほどほどに—と、願いたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか?2020年1月7日 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか? 正義の味方としてハリウッドで映画化?  3日晩、ブラジルのTVクルトゥーラの看板ニュース番組「ジョルナル・ダ・クルツーラ」でカルロス・ゴーン被告報道に関して、二人の専門家は対極的なコメントを発していたのが気にかかった。  今回の逃亡劇に関して、どのニュースでも「映画 […]
  • 愛読者の皆さまに感謝の一年!2019年12月24日 愛読者の皆さまに感謝の一年!  2019年は読者の皆さんにとって、どんな年だっただろうか?  昨年末にサンパウロ新聞が廃刊したことの余波が、繰り返す波のようにいろいろな場面で押し寄せてきた。取材依頼が例年以上に多いと感じたのは、その一例だ。  年明けに400人ほどのサ紙読者が弊紙に移ってきてくれた。別の […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか2019年12月19日 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか  マドリッドでの気候変動枠組条約締約国会議の最中、持続可能な開発のためのブラジル企業審議会が「ブラジルはカーボン市場を一つの機会としてみる必要がある」として、連邦政府に柔軟な姿勢をとるよう求めた。自国では温室効果ガス排出量削減が困難な先進国が排出量削減に繋がるプロジェクトなどを […]