ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月13日

 12日本紙7面で紹介した、大津スポーツ社のインソール(靴の中敷き)。翌日、サンパウロ市事務所の代理人から「遠い所からもひっきりなしに電話がかかってくる」と嬉しい悲鳴が。しかし、記事には携帯電話しか掲載されていなかったため、遠方の方には負担が大きかったとのこと。今後問い合わせをしたい人は、事務所(11・3207・1038/5045)まで。
     ◎
 病気になっても家族はおらず、施設に身を寄せる孤老が増えている。そんな悲しい事実とは対照的に、援協福祉部の文化講座等に集まる人は、とても元気。60〜90代まで幅広い年齢層が集うが、若手は、先輩が「あの時ああすればよかった」と過去を振り返るのを見て、「自分はこうしよう」と日々学ぶのだとか。心身共に健康でいるためには努力が必要。毎月第3木曜日午前9時から健康に関する講演会も。一度足を運んでみては。
     ◎
 ブラジルに来て58年で初めて—。11日午後3時頃、サンパウロ市アクリマソン区でアサウトされた80代の男性が編集部を訪れた。補聴器を買うためイタウー銀行で現金2500レを下ろし帰宅中、ウラノ街で背後から白人の若い男にピストルを突きつけられた。胸に入れた金を抜き取ると同時に現れたバイクの後部座席に乗って逃走した。「考えてみれば銀行の待合室に同じ男が長い時間座っていた。彼が合図を出していたんだろう」とのこと。「アクリマソンに13年住んでいるけど、まさかこんな目に遭うとは」と話しながらも、読者に注意を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年7月7日 大耳小耳  居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午 […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]