ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 熟練の機関誌『ブラジル老荘の友』18年12月号が発行された。最近とくに内容が充実していて目をみはる。ナザレー老荘会の会長・河中司さんご夫妻がシルバー婚(75周年)を祝った話に始まり、《出会い~一枚の作業衣》(片田甲子巳)にはホロッとさせられた。熟練カラオケ大会のバザー会場で偶然見つけた「中央物産」の作業服。それは岐阜県の山の中にあり、デカセギにきていた妻と偶然にであった会社のもの。日本で自分の会社を倒産させ、借金だらけの片田さんを拾ってくれた会社。妻との出会いによって8年前にブラジルに移り住んだとか。ドラマを感じる。他にも《急がば回れ》コラムには、車に轢かれた体験談が! 《前から車が来て、おもわず車を両手で押し戻す形になったんだけど、止められるわけもなく、車の下にスッポリ入ってしまった。(中略)野次馬も寄ってきて「あー、死んだ」「死んだー」と騒ぎ出したので、「死んでませ~ん」と叫んで…》との九死に一生のスゴイ話も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月12日 大耳小耳  「新型肺炎の日本経済への負の影響は、08年のリーマンショック級」と言われるほどになってきた。11日付本紙6面掲載の共同通信の記事『新型コロナ拡大で退職通知』では、中国人技能実習生が新型コロナウイルス感染症の拡大を理由に退職を通知された事案を取り上げ「立場の弱い労働者への不利益 […]
  • 大耳小耳2020年3月11日 大耳小耳  「アルゼンチンのカントリーリスクが9日(月)、約2800ポイントに達し、2005年以来の最悪レベルになった」と同国邦字紙『らぷらた報知』8980号が報じている。これはJPモルガン銀行が発表したインデックスで、6日(金)の終値から15・5%も上昇した。ただし、最悪だった2005 […]
  • 大耳小耳2020年3月10日 大耳小耳  徳力啓三著『知っておきたい日本の歴史』の30ページには、《「ニッポン」と「ニホン」のどちらが正しい発音でしょうか》という気になる一文があった。答えは《どちらでも良い》だが、その名前の変化の経緯が興味深い。いわく《古くは「ニッポン」だったのが、短く「ニホン」と発音するようになっ […]
  • 大耳小耳2020年3月6日 大耳小耳  5日付本面に掲載した「混乱するブラジル郵便事情=小包送る際は必ず納税番号記入=追跡番号を受取人に事前通知を」の記事中、「追跡番号が何か分からない」という読者からの問い合わせがあった。追跡番号とは、発送された商品が今どこにあるかなどを確かめられる番号のこと。日本の郵便局からEM […]