ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 17日付の中日新聞によると、16日から3日間、長野県新田町の「もんぜんぷら座」で『ブラジル日本移民110年の軌跡展』が行われていた。市内で暮らす日系二~三世を中心に実行委員会が作られ、パネルや記念誌などで日本人移民の歴史を紹介したそう。当たり前だが、在日ブラジル人にとっても110周年。ぜひ一緒に祝って、日本移民について日本の人に紹介活動を活発に行なって欲しいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ