ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月13日

 リベルダーデの「七夕祭り」のゴタゴタ騒ぎには—呆れ果てる。これまでに30数回も宮城県人会と仲良くやってきたのに何を今更の思いが胸奥に浮かぶ。飾り竹の代金がどうのこうのとかの子どものお遊びのようなつまらないことが捩れてしまっての「諍い」らしいけれども、もっと大人の付き合いができないものなのか。あの「七夕」については、若かりし頃の筆者もちょっと関係しており、いささか恐縮なのだが—▼今やサンパウロの名物にもなった「七夕」は、ガ・ブエノの顔だった故・水本毅氏との雑談から始まった。世間話をしているうちに「この街をお祭り広場にできないか」となり、筆者が「仙台の七夕」がいいのではないかと話したのがきっかけとなり、宮城県人会の大橋鉄雄会長に連絡し水本氏と会った。そのときに大橋氏が「これはいい。七夕移民だ」と喜び、早速 仙台へ旅立ったと記憶する▼水本氏は、あの街の繁栄のために「東洋市」を開くことに力を尽くし、今の「東洋会館」も水本氏がガンを患い治療をしながら「これが最後の仕事だ」と語り完成させもした。こうした街づくりの礎が花開いているのが現在であり、「七夕」もその一つだし、あの吹流しと飾りは「仙台文化」いや「日本文化」の紹介であり伝承をも願ったものと理解したい▼数年前、ACALの池崎博文会長が、「七夕」を意匠登録したとかを耳にし、異な事をするな—と思いもしたが、牽牛と織女姫が年に一度の出会いを祝うあの催事は「文化」であり「阿堵物」とは余り馴染まない。一刻も早く、ACALと宮城県人会の握手をと願いたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」2018年12月12日 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」  サンパウロ市の夏の風物詩として知られる「第50回東洋祭り」が今月1、2日に、リベルダーデ日本広場を中心に開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催。  1日午後2時、ガルボン・ブエノ街の大鳥居の下で、南米神宮の逢坂和男宮司により祭祀が執り行わ […]
  • 野口総領事の誕生会開催=団体代表ら50人、盛会に2018年5月9日 野口総領事の誕生会開催=団体代表ら50人、盛会に  野口泰在聖総領事の誕生会が、52歳の誕生日である7日、サンパウロ市のニッケイパラセホテルで開催された。日系団体の代表者ら50人が集まり、野口総領事への祝辞やプレゼント贈呈が行われ、盛会となった。  誕生会を企画した広島文化センター会長の平崎靖之さんは、「友人として祝 […]
  • 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加2018年6月27日 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加  日本祭り実行委員会(市川利雄実行委員長)は20日、ジャパン・ハウスで記者会見を行なった。会見には伯メディアなど80人が参加し、1ヵ月後に迫った日本祭りへの関心を伺わせた。  会見には市川実行委員長、山田康夫県連会長、化粧品販売会社IKEZAKIの池崎博文会長、サンパ […]