ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月13日

 リベルダーデの「七夕祭り」のゴタゴタ騒ぎには—呆れ果てる。これまでに30数回も宮城県人会と仲良くやってきたのに何を今更の思いが胸奥に浮かぶ。飾り竹の代金がどうのこうのとかの子どものお遊びのようなつまらないことが捩れてしまっての「諍い」らしいけれども、もっと大人の付き合いができないものなのか。あの「七夕」については、若かりし頃の筆者もちょっと関係しており、いささか恐縮なのだが—▼今やサンパウロの名物にもなった「七夕」は、ガ・ブエノの顔だった故・水本毅氏との雑談から始まった。世間話をしているうちに「この街をお祭り広場にできないか」となり、筆者が「仙台の七夕」がいいのではないかと話したのがきっかけとなり、宮城県人会の大橋鉄雄会長に連絡し水本氏と会った。そのときに大橋氏が「これはいい。七夕移民だ」と喜び、早速 仙台へ旅立ったと記憶する▼水本氏は、あの街の繁栄のために「東洋市」を開くことに力を尽くし、今の「東洋会館」も水本氏がガンを患い治療をしながら「これが最後の仕事だ」と語り完成させもした。こうした街づくりの礎が花開いているのが現在であり、「七夕」もその一つだし、あの吹流しと飾りは「仙台文化」いや「日本文化」の紹介であり伝承をも願ったものと理解したい▼数年前、ACALの池崎博文会長が、「七夕」を意匠登録したとかを耳にし、異な事をするな—と思いもしたが、牽牛と織女姫が年に一度の出会いを祝うあの催事は「文化」であり「阿堵物」とは余り馴染まない。一刻も早く、ACALと宮城県人会の握手をと願いたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • ついに決裂、ACAL単独開催=「仙台」欠けた七夕祭り=食い違う双方の言い分=サンパウロ市伝統の行事に亀裂2013年7月31日 ついに決裂、ACAL単独開催=「仙台」欠けた七夕祭り=食い違う双方の言い分=サンパウロ市伝統の行事に亀裂 ニッケイ新聞 2013年7月3日  週末6、7日に開催される「七夕祭り」に異変が起きている。宮城県人会(中沢宏一会長)は6月29日の役員会で、過去34回全てに共同開催者として関わってきた『リベルダーデ七夕祭り』に対し、今年は運営に関わらないことを正式決定、初めてのリベルダーデ文 […]
  • リベルダーデに交番を=サンパウロ州軍警大佐がサンパウロ市視察コロニアの声に耳傾ける2013年5月9日 リベルダーデに交番を=サンパウロ州軍警大佐がサンパウロ市視察コロニアの声に耳傾ける ニッケイ新聞 2013年5月9日  「リベルダーデに交番を」—。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は先月22日、同区を視察に訪れた軍警の最高位、ベネジト・ロベルト・メイラ大佐にそう訴えた。就任は昨年11月。現在、サンパウロ市の状況把握のため全地区の巡回訪問を始め […]
  • 第56回パウリスタスポーツ賞2012年4月13日 第56回パウリスタスポーツ賞 ニッケイ新聞 2012年4月13日付け サンパウロ市議会で盛大に贈呈式=16部門17人、特別賞3人  各スポーツ界で活躍した選手や功労者を表彰する『パウリスタスポーツ賞』の贈与式が、4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で盛大に開催された。同賞は、本紙の前身であるパウリスタ新 […]