ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 大統領の肝いり事業=奨学金プログラム「国境なき科学」=約10万人が国外へ留学=米国が最多数を受け入れ

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル経済に破綻の影?=ギリシャ状態に陥る可能性も2016年8月27日 ブラジル経済に破綻の影?=ギリシャ状態に陥る可能性も  公的支出の予算の伸びにインフレ率以内という上限を設定する憲法補足法案(PEC)241/16号についての初回公聴会が24日に行われ、テメル暫定政権の経済班が財政危機解決のための財政調整案に関する説明を行うと共に、この法案を承認しなければ、ブラジルは国際的な債務不履行国になる可能 […]
  • ヒラリー敗北宣言を称えるも=ジウマ、まだ罷免への恨み節2016年11月11日 ヒラリー敗北宣言を称えるも=ジウマ、まだ罷免への恨み節  9日、アメリカの大統領選挙で敗れた民主党代表のヒラリー・クリントン氏が敗北宣言を行ったが、それを聞いて、ジウマ前大統領がツイッターで声明を出した。だが、その声明は、表向きにはヒラリー氏を称えているのに、その実は自身の罷免を皮肉るものだった。 […]
  • 五つの罷免騒動ドキュメンタリー=国会、上院会議など収録2016年9月3日 五つの罷免騒動ドキュメンタリー=国会、上院会議など収録  8月31日に罷免が決まり、失職したジウマ・ルセフ元大統領の罷免騒動について五つのドキュメンタリーが発表された。  その内の一つを制作した、ミナス・ジェライス州出身のドキュメンタリー制作者、ペトラ・コスタ氏が率いるチームは、国会や大統領公邸での撮影も行った。同チームは撮影に5 […]
  • 歴史に残る大接戦だった今回の大統領選=過去にはどんなドラマが?2014年10月29日 歴史に残る大接戦だった今回の大統領選=過去にはどんなドラマが?  26日に行なわれたブラジル大統領選は、史上最大の接戦となった。勝者のジウマ・ルセフ大統領と、敗れたアエシオ・ネーヴェス氏との差はわずか3%ポイント。これはブラジル大統領選の1位と2位の差では過去最小のもので、歴史に語り継がれるものとなりそうだ。 ブラジルでは1989年の選 […]
  • 危険運転への罰則強化=追い越しなどの罰金増額2014年10月24日 危険運転への罰則強化=追い越しなどの罰金増額  来月1日から無理な追い越しなどの危険な運転などに対する罰金が改定されると22日付フォーリャ紙が報じた。 路肩を通る追い越しに対する罰金は現行の127・69レアルが7・5倍の957・7レに、カーブ、坂道、見通しの悪い所などの追い越し禁止区間での追い越しに対する罰金も191・ […]