ホーム | 日系社会ニュース | 講師の峯、寺前さん来伯=日本祭りで絵手紙講習会

講師の峯、寺前さん来伯=日本祭りで絵手紙講習会

ニッケイ新聞 2013年7月20日

 日本の絵手紙講師、峯譽さんと寺前ヒサエさんが18日から2週間当地に滞在し、サンパウロ市、マナウス、サンミゲル・アルカナジョの3市で絵手紙講習を開く。19日に「サンパウロ絵手紙友の会」の石井恵子会長、山本郁子講師、馬場ヨシ子さんと共に、峯夫妻と寺前夫妻が来社した。
 日本で講師らの授業を受けて感激したという石井会長が講習を依頼、3年前に初来伯した。今回は、同会が1月に東京であった展示会に190枚もの作品を出展したことから、イベント主催者で絵手紙の創始者・小池邦夫さんが大喜びし、当地での更なる普及にと二人に再来伯を勧めた。二人とも小池さんの下で講師の資格を取得している。
 峯さん(70、和歌山)は50歳の時、「遠方に住む母に手紙を書いて喜ばせたい」との思いで習い始めた。上達のコツは「相手を想って描くこと」。優しい画風が特徴だ。大阪府内で7カ所の教室を主宰する。
 寺前さんも、子どもが手を離れて夫が単身赴任をした50歳を機にスタートした。「心の温かさが伝わるのが絵手紙の魅力」という寺前さんは、力強い元気な画風が得意。同じく大阪府内8カ所で教えている。
 二人の講習予定は次の通り。▼20、21日=県連日本祭りの絵手紙コーナー▼23日=マナウスの西部アマゾン日伯協会▼27日=サンパウロ市ブラジル日本語センター(汎米日本語教師研修会受講者のみ)▼28〜29日=サンミゲル・アルカンジョ市の文協婦人会(初日午後2時〜)、日語学校(2日目午前9時〜)いずれも要申し込み▼30日=石川県人会館(午前9時〜)。詳細および28〜29日の申込みは石井会長(11・3289・3405/98445・0666)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 祭りのメイン企画の数々2015年7月21日 第18回日本祭り=テーマは「日伯120年の絆」=人気歌手や忍者が来伯  ついに開催まで1週間を切った『第18回日本祭り』。24日から3日間サンパウロ市の「サンパウロ・エキスポセンター(Rodovia dos Imigrantes, km 1,5, […]
  • コラム 樹海2013年10月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月3日  コロニアでどれほどの祭りを見てきたろうか。つくづく感じるというか呆れるのは、その尋常でないお祭り好きさだ。普段は土と向き合い、祭りではしっかりはしゃぐ。いわゆるハレとケだが、そんな農耕民族のDNAがしっかり受け継がれていることを実感する▼会 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2012年6月14日 第1回=醤油、牛丼、日本酒の雄に=市場開拓現場の声を聞く ニッケイ新聞 2012年6月14日付け  日本食ブームと言われて久しい。高級なものからテマケリアといった手軽なものまで広がり、2006年にはブラジルの伝統料理を供するシュラスカリアの数を日本食レストランが超えた。名実共に「市民権」を得た格好だが、本場のものとはほど遠いのが […]