ホーム | 日系社会ニュース | 日本とブラジルを踊りで繋ぎたい!=Muito盆!炭坑節がバイレファンキに

日本とブラジルを踊りで繋ぎたい!=Muito盆!炭坑節がバイレファンキに

ジャケット画像

ジャケット画像

 創作日本舞踊集団右近屋(孝藤右近プロデュース)とREI CAPOEIRAPさんのコラボレーションをきっかけに誕生した「炭坑節ファンキ」が1月24日(日)が楽曲配信サイトでリリースされる。
 同楽曲は右近屋の舞踊パフォーマンスとコラボさせた作品「Muito盆!」で東京都の芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」から昨年10月1日に公開されている。
 伝統の炭坑節の歌と踊りに、REIさんはブラジルのファンキの要素を、右近さんは覚えやすい振り付けのアレンジを加えた伝統と革新の意欲作となっている。
 動画は仮想空間で盆踊りを楽しむ様子をイメージして、浅草や原宿のカワイイ・モンスター・カフェで2日に渡り撮影。東京を中心に世界で活動するビデオ・フォトグラファーのNEWFATGLORYFILMSが映像を手がけている。
 「この新しい時代を生きていく世界中のすべての人々へ元気と希望、願いを込めてお届けしたい。バーチャルで楽しんでいただけるような映像を企画しました」と説明する。
 楽曲は昨年5月に右近屋が出演するイベントで初披露する予定だったがコロナ禍で中止になり、発表延期となっていた。そこへ孝藤さんから「アートにエールを!」プロジェクト参加の提案があったという。
 楽曲の入手は(https://linkco.re/DrgBsyv0)から各音楽配信プラットフォームにリンクされている。
 アートにエールを!プロジェクトの作品紹介ページ(https://cheerforart.jp/detail/7047)

大耳小耳 コラム
    ◎
 REI CAPOEIRAPさんと創作日本舞踊集団右近屋のコラボ動画「Muito盆!」でバーチャル空間を想起される世界観を表現するのに活躍したカワイイ・モンスター・カフェは、「カワイイ」にこだわり続け原宿KAWAIIカルチャーを発信続けたアートディレクターの増田セバスチャンがプロデュースするコンセプトカフェレストラン。オープンから8カ月で来場者10万人を突破するなど原宿でも屈指の人気スポットだったが、1月31日をもって閉店することを12月末に発表。REIさんも「閉店してしまうカフェの貴重な映像です。最後に感謝の意を込めて是非皆さんにご覧頂きたいです」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ