ホーム | 日系社会ニュース | 「日系社会勉強してきた」=新藤義孝総務大臣が来伯=情報通信技術協力を提案

「日系社会勉強してきた」=新藤義孝総務大臣が来伯=情報通信技術協力を提案

ニッケイ新聞 2013年7月27日

 「日系人の努力と苦労が、ブラジルにおける日本の印象を良いものにした」。来伯した新藤義孝総務大臣は26日午後3時頃から、50年ぶりという寒さの中、日本館等の視察と先没者慰霊碑参拝のため、サンパウロ市のイビラプエラ公園を訪れ、そう本紙の取材に答えた。
 新藤大臣は日系社会について「勉強してきたし、こちらで多くの方から話を聞くことが出来た」と熱く語った。文協に移動し、日系4団体代表と意見交換の後、懇談歓迎会に参加した。
 今回、新藤大臣は24日から米・マイアミ経由で来伯し、まずマナウスの免税地域監督庁(SUFRAMA)関係者と意見交換を行った。「マナウスのソニー工場で働くブラジル人が、皆誇らしげに嬉しそうに仕事をしているのを見て、両国の関係の良好さに感じ入るものがあった」と感慨深げに話した。
 25日は首都ブラジリアでベルナルド通信大臣と約45分間の会談を行い、その中で2006年当時、ブラジルが世界で初めて日本の地上デジタル放送企画を採用したことが起点となり、この日伯方式が世界15カ国への普及に繋がったことについて謝意を示したという。加えて、インフラ管理、資源探査などの例を挙げながら、より幅広い分野で情報通信技術(ICT)における協力関係を築いていくことの提案がなされ、ベルナルド大臣も同意した。
 NHKの技術研究所などが開発を進めている、現在の日伯方式(2K解像度)よりもさらに精細度が高いテレビ映像の放送技術(4K、8K)のデモンストレーションを、2014年W杯、16年リオ五輪の際に実施することも視野に入れているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 『日本文化3巻』販売開始=ブラジルが見習うべき8編を収録=日本の精神、日系の次世代へ2016年9月16日 『日本文化3巻』販売開始=ブラジルが見習うべき8編を収録=日本の精神、日系の次世代へ  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は12日、『日本文化(Cultura […]
  • 樹海2014年12月27日 樹海  本紙サイトで連載していた『竹内香苗のブラジル便り』が先週の第45回をもって終了した。竹内さんは愛知県出身のフリーアナウンサー。夫のブラジル赴任に伴い12年にTBSを退社し、同年11月からサンパウロ市に滞在していた。食や観光、W杯にクリスマス。日本から来たばかりの新鮮な目線 […]
  • 大耳小耳2014年10月17日 大耳小耳  様々な支援活動を行ってきたNIATRE。時には職員が役所まで書類申請の付き添いに行ったこともあるとか。また昭栄奨学生の中にも、同所を通じて制度の存在を知った者もいる。利用者からは閉所を惜しむメールも届いており、ISECの吉岡黎明会長は「ボランティアでも続ける覚悟はある」と […]