ホーム | 日系社会ニュース | BEGIN、再びブラジルへ!=11月にサンパウロ市、ロンドリーナで公演=新曲「帰郷」「シュラスコ」も披露

BEGIN、再びブラジルへ!=11月にサンパウロ市、ロンドリーナで公演=新曲「帰郷」「シュラスコ」も披露

ニッケイ新聞 2013年8月3日

 沖縄県石垣島出身のバンド「BEGIN」が、再びブラジルに—。2011年11月、サンパウロ市アニェンビー会場で開かれた初コンサートで、各地から駆けつけた約7千人のファンを熱狂させたことは記憶に新しい。メンバー3人の「また帰ってきます!」との約束から丸2年となる11月、サンパウロ(8日)とロンドリーナ(10日)の2市で2度目の公演が開かれる。3人の心に刻まれたブラジル初公演の思い出をもとに作った「シュラスコ」や「帰郷」などの新曲も初披露する。ウェルカム・プロ社主催、チケット販売は今月10日から(価格は未定)。

 現在45歳の比嘉栄昇、島袋優、上地等さんの幼なじみグループで、1990年のデビューから安定した人気を誇り、息の長い活動を続けている。コロニアの人気も高く、カラオケなどではリクエストがよくかかり、沖縄系イベントでは間違いなく楽曲を耳にするほどだ。
 今回の公演では、移民を描いた「帰郷」や、初シュラスコ体験を陽気に歌う「シュラスコ」など、アルバム「トロピカル・フーズ」に収録された2曲を披露する。
 もちろんプログラムには、「島人ぬ宝」「三線の花」「涙そうそう」「オジー自慢のオリオンビール」など、お馴染みの楽曲も披露される。
 同社の情報によれば、新曲のほかにも、ブラジルのファンをあっと驚かせるプログラムが準備されているようだ。
 サンパウロ市での公演は11月8日にアニェンビー会場で、ロンドリーナは10日にジョゼ・ガルシア・モリーナ会場(ネイ・ブラガ公園内)で。
 チケット購入はサイト(www.bandabegin.com.br)から、詳細は同社(11・5575・6055)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 2014年4月25日 茶道裏千家が60周年=記念式典、茶会を8月 ニッケイ新聞 2014年4月25日  茶道裏千家の南米普及60周年目を記念し、茶道裏千家淡交会総本部が8月29日から3日間、サンパウロ市で「記念大会」を開催する。  当地の裏千家はサンパウロ市市制四百周年祭の折、日本館の竣工式に出席した千宗室・第15代家元(当時)によって始め […]