ホーム | 日系社会ニュース | 焼津・日系人母子殺害事件=逃亡中のネーヴェス容疑者=ミナス州で身柄を拘束

焼津・日系人母子殺害事件=逃亡中のネーヴェス容疑者=ミナス州で身柄を拘束

ニッケイ新聞 2013年8月17日

 静岡県焼津市で2006年12月、日系人母子3人を殺害した直後に帰伯逃亡した疑いで国際指名手配され、ブラジル国内で逃亡していたエジウソン・ドネゼッテ・ネーヴェス容疑者(50)が15日午後、潜伏していたミナス州最南部コレゴ・ド・ボンジェズス市の農園で連邦警察に身柄を拘束された。「日本の警察に最も捜索されていた男が捕まった」という見出しで16日付フォーリャ紙、15日、16日配信の各ニュースサイトが報じた。
 同容疑者は逮捕時、他人名義のクレジットカードを所持しており、窃盗の疑いでも調べられる。警察によれば発見時に同容疑者は抵抗しなかったといい、サンパウロ市の連邦警察に移送され、拘留される見込み。
 ネーヴェス被告は交際相手だったソニア・アパレシーダ・ミサキ・サンパイオさん(当時41)、長男ヒロアキ君(同15)、次男ヒロユキ君(同10)の3人の首を絞めて殺害し、犯行の翌日にブラジルに逃亡したとみられている。
 当地報道によれば、帰伯後に同容疑者は国内に潜伏していたが2008年1月にサンパウロ州サルタイアー市で逮捕された。日本政府による国外犯処罰(代理処罰)の要請で同年2月にサンパウロ市で最初の陪審裁判を受けたが、「国外での犯行のため裁判は連邦裁判所の管轄」と判断され、半年後にいったん釈放されていた。
 2009年5月にその判断が覆され、一般の裁判所で裁かれる事件とされたが、釈放された同被告は行方をくらませていた。2010年2月にサンパウロ州ジャンジーラ市で運転免許証の更新手続きをしていたことが分かっている。サンパウロ州交通局(Detran)によれば免許証更新申請時、被告が指名手配犯だという記録が局内のデータベースになく、身分証明書の番号(RG)が偽装されていたために摘発を免れたという。
 ジョルナル・オ・グローボの報道によれば、同容疑者は犯行について「正当防衛だった」と主張しており、殺害したソニアさんに貸していた20万ドルの返済を求めたさい拳銃で脅されたために殺害したなどと話しているという。
 グローボ・サイトの16日配信記事では、「ブラジル人であるため日本に強制送還はされない。懲役90年の刑を受ける可能性があり、30年を獄中で過ごせば残りは条件付保釈されこともありうる。ただし、日本なら死刑の可能性がある」と大きく報じられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2009年1月9日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年1月9日付け […]
  • 《記者コラム》米大統領選と勝ち負け抗争に奇妙な共通点=ユーチューブ情報は疑ってかかれ!2021年2月9日 《記者コラム》米大統領選と勝ち負け抗争に奇妙な共通点=ユーチューブ情報は疑ってかかれ! 驚きの電話「いよいよトランプの逆襲が始まる」  バイデン米新大統領の就任式を翌日に控えた1月19日、複数の戦後移住者から「いよいよトランプの逆襲が始まるようですね。アメリカで戒厳令が発布されて、民主党のペロシ下院議長ら裏切り者が大量逮捕されたそうです」という電話が […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 大耳小耳2019年3月14日 大耳小耳      ◎  椰子樹社(多田邦治代表)が発行する歌誌『椰子樹』379号が編集部に届いた。《母逝きし齢にあと三年なりやわらかに曇る庭にバラ散る》(寺田雪恵)にはしんみりさせられる。《遠き路虫の知らせか尋ねしが十日の後に訃報届きぬ》(神林義明)にも、「死ぬ前にあえて良かった」と […]
  • 《ブラジル》性的暴行容疑の心霊医療家ジョアン・デ・デウスの身柄拘束=逮捕令状発行の2日後に=容疑は全面否定2018年12月18日 《ブラジル》性的暴行容疑の心霊医療家ジョアン・デ・デウスの身柄拘束=逮捕令状発行の2日後に=容疑は全面否定  【既報関連】性的暴行疑惑で14日に逮捕令状が出た心霊治療家のジョアン・デ・デウス氏(本名ジョアン・テイシェイラ・デ・ファリア、76歳)が、16日午後4時半頃、ゴイアス州アバジアニア市で捜査当局に出頭したと16、17日付現地各紙・サイトが報じている。  同氏は逮捕令状 […]