ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月3日

 ピラルクー試食会で調理を担当した「シーハウス」の川内ウーゴ店主は「刺身にするなら、薄く切らないと少し固い。昆布の上で一晩寝かして味をしみこませた蒸し焼きがお薦め」と語る。アマゾン地方の日本食店などでは、川魚独特の泥臭さを消すために味噌焼きなどが多いが、それ以外の料理法を試したようだ。独特のゼラチン質をどう活かした日本料理に仕上げるか、腕が試されるところ。「まだ生産量が多くないので、あまり需要が高まっても困るぐらい」とは日野寛幸さん。現在は聖市の「伴」「エスパッソ和」「雅」「ブエノ」「藍染」などで食べられるとか。
     ◎
 今年も訪れた京都外国語大学の訪問団。学生の何人かにポ語学科を選んだ理由を尋ねると、バツが悪そうに苦笑い。というのも、これまで人気が薄かった同学科には、他学科の選考にもれた人が来ることが多かったとか。「でも、最近はブラジルが注目を浴びているので、希望者も増えている」と田所清克教授。〃ブラキチ〃同教授の出番もまだまだこれからのよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月16日 大耳小耳  5月1日の新天皇ご即位を祝した記念式典が、今月30日午後7時、文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年3月2日 大耳小耳  生粋の伯人女性で自称“紙芝居おばさん ”ことフラビア・マリア・ウォルフォウィッツさんの「紙芝居お話会」(ポ語)が、9日午後2時、3時の二回に渡り、聖市のジャパン・ハウス(Avenida Paulilsta, […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]