ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月30日

 日本へのお土産にレジストロの「天谷茶」(helioamaya.com.br)はどうだろうか。岡本寅蔵が危険を顧みずセイロンから持ち込み、山本周作ら多くの日本移民が創意工夫を重ねて全盛期を築いた歴史という〃味わい〃は格別だ。トメアスーの森林農法で作ったカカオが明治製菓によって日本でチョコレートとして好評を博しているように、どこかの飲料メーカーが「珈琲の国で日本人が作った紅茶」として売り出せないだろうか。問い合わせは今里さん(disneyimasato@hotmail.com、携帯=13・99605・8917)。天谷茶は東洋街ではガルボン街の「あずき屋」、メトロ駅サウーデ近くの日本食材店「円満」、ビラ・ソニアの「おかし」でも販売中とか。

     ◎

 2日に開催の「こどものそのカラオケコンクール」。9日にはカラオケのサンパウロ州大会が控えるとあって、その予行練習にと大会出場選手もエントリーし、ちびっこも童謡で参加と、多義に渡る歌唱が楽しめそう。エスペシャル、エストラなどレベル別に分けられ、もちろん実力者同士で競うことになるが、審査員は州大会と同じメンバーだそう。翌週に大会が控えているのに、選手も審査員も同じメンバーでコンクール? と少し違和感。

     ◎

 三重県津市市議会選に果敢に挑戦した日系二世の石川剛さん。先日、得票数277票で大敗したことを本紙で報じたが、「インターナショナル・プレス」によれば、200票にも満たないと見込んでいた本人は逆に驚いたとか。今後は仕事をしながら政党に加入して政治活動し、なんと来年4月にある津市長選に挑みたいという。もはや大胆不敵だが、未来は神のみぞ知る…。来年の今頃、再び本紙面を飾る石川さんが見られるかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月29日  『ブラジル老壮の友』3月には、五十嵐司熟連会長の呼びかけ文が掲載された。移民百周年で作られた熟連前のお地蔵様の前に置かれた賽銭入れの壷の浄財は、大病や大怪我に苦しむクラブ員や関係者のお見舞いに使っているが、《最近そのような件が増えているに […]
  • 大耳小耳2014年3月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月26日  「NGOブラジル人労働者支援センター」の加藤仁紀理事長は、学生時代は海外移住研究会に所属、その後南米銀行に就職、退職してからは在日ブラジル人の支援活動を始めるなど当地に縁の深い人物。同団体のサイトにある加藤さんの挨拶によれば、貧しかった敗 […]
  • 大耳小耳2014年3月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日体大野球部の交流試合で、猛打賞の活躍を見せた丸山智大さん(21、長野)は野球教室で「子どもらが素直。日本の規律あるプレーを上手く伝えられたかな」と振り返った。投手の大橋貴博さん(21、埼玉)は「年下からも積極的に教わろうとする姿勢は、上 […]