ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエリ・ユリ・バルボザさん(32)。2020年の東京五輪を目指して日々、サンパウロ市の南米講道館で23歳以下のサンパウロ州選抜選手を指導中だ。レジストロ生まれのユリさんは両親のデカセギにより11歳で訪日。19歳で帰伯するまで浜松で柔道を磨き、一時はブラジル代表にまでなった。デカセギ子弟の「星」といえそうな存在。もし彼女の教え子が浜松で合宿して東京五輪でメダルを取れば、日伯交流の成果であり、日伯両国にとっての勝利ではないか。
     ◎
 グァタパラ移住地入植55周年の記念式典にあわせて、現地を訪ねるツアーが企画されている。7月21~22日。開拓先亡者慰霊祭と記念式典には、サンパウロ市から多くの関係者が詰めかけると予想される。一人の料金は310レアル。申し込みはサービス・グローバル旅行社(11・3572・8990)まで。「グァタパラ」といえば、笠戸丸移民が入ったコーヒー耕地がすぐそばにあることで有名。それに当日はグァタパラの名産品も販売され、美味しいと評判の味噌や特産のレンコンなどの買い物も楽しめそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • コロニア10大ニュース2009年12月29日 コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2009年12月29日付け […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]