ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月5日

 聖市東部タトゥアペーの市立カールミノ・カリシオ病院では3日午前、整形外科医不在のため、診察を求めて来た患者の受付を止めなければならなかった。同医院は訪れた患者たちに対し、北部ピリトゥーバにある市立ジョゼ・ソアレス・フングリア病院を薦めたが、そこまでの距離は実に22・1キロ。その遠さに行くのをあきらめた人もいたが、先週末に腕を骨折し、その痛みが悪化していた48歳の女性は、遠路はるばる行ってみたものの、行列があまりに長くあきらめてしまったという。カリシオ病院はその後、夜7時からの診察受付を行ったが、急病患者には随分と酷な判断を行ったものだ。
     ◎
 4日朝、聖市東部のバス会社ヴィアソン・イタケーラ社の運転手や車掌がデモを起こし、シダーデ・チラデンテスのターミナルへの道路を封鎖した。ストは午前10時30分に解除されたが、20万人の足に影響が出た。同社の従業員は給料の支払いの遅れを理由にデモを敢行したという。また、西部で運行を行っているオーク・トゥリー社も8月31日から現在までデモを続けており、8路線の運行停止により5日間で4万2千人の足に影響がでている。
     ◎
 3日、全国選手権2部で首位を走るパルメイラスは同2位のシャペコエンセとパカエンブーで首位攻防戦を行い、0—0で引き分けた。この日で2部は全日程の半分の19試合を消化し、パルメイラスは2位に勝ち点差2点の首位で前半を折り返した。同チームが来年1部復帰するには最終順位で4位以内が必須条件だが、現在5位との勝ち点差は11点ある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年5月24日 東西南北  サンパウロ市交通局(CET)が発表した最新の資料によると、同市では、2018年の交通事故による死者が、2014年以来、4年ぶりに増加したという。サンパウロ市での交通事故死は14年に1249人を記録して以降、毎年減少し、17年は797人まで落ちていたが、18年は849人に増えた […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]