ホーム | 日系社会ニュース | 祖国で歴史抹殺された地=現代劇の名手 木村快氏が上梓

祖国で歴史抹殺された地=現代劇の名手 木村快氏が上梓

ニッケイ新聞 2013年9月6日

 アリアンサ郷土史研究家として知られる演劇NPO『現代座』演出家の木村快さんが、8月に日本の同時代社から『共生の大地・アリアンサ(ブラジルに協同の夢を求めた日本人)』(3500円)を出版した。帯には《そこに約束の地はあったか? 歴史の闇に塗り込められた、ブラジル移住史の真相が、いま、生き生きと甦る》とある。
 『現代座』は94年に「もくれんのうた」当地公演をアリアンサと12都市で行った。その時、「私たちのことを忘れないで欲しい」と出演俳優の手を握る移住者の姿を見て「一人の日本人として決して忘れない」との気持ちを固めた木村さんは、「アリアンサ史研究会」を発足させ、97年から年2回「ありあんさ通信」を発行してきた。
 現代座レポート55号によれば、当初ユバ農場から「公的な史料が見つからなくて困っている」との相談を受け、日本の専門家に聞きまわったところ、《戦前の移住資料は散逸してしまい、日本には移住史の専門家もいないという。移住博物館でも「戦前の資料はあつかっていません」とのこと。国策で二〇万人以上もの移住者を送り出し、その子弟を二〇万人以上も労働者として導入していながらそんな歴史は知りませんという国があるのか》との状態だった。
 90年代後半に多くの同移住地関係者に取材した証言を盛り込み、外務省や力行会の資料などを読み込んだ末、アリアンサが祖国においては《日本政府の移住政策に批判を持ち、抵抗したため、公的ブラジル移住史から抹殺され、村の生い立ちがわからなくなった村》だとの考えに達した。
 ユバとの出会いから始まり、記念碑が集まる同移住地中央公園になぜか移住地名の名付け親の碑がないこと気付き、その疑問を掘り下げる過程で、隠された移住地の成り立ちが明らかにされる。社会派現代劇の名作家として知られる著者だけに、ユバ農場の物語を軸に力行会、移住組合法運動、弓場勇や永田稠など同移住地に深い関わりのある、20年がかりで発掘された数々の逸話がどんどん明らかにされ、読み応えのある一冊になっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)2019年5月15日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)  ニッケイ新聞編集部は、読者の「終活」(人生の終りに向けた活動)意識の高まりに応え、「移民の終活座談会」を行った。ブラジル日系熟年クラブ連合会会長・上野美佐男、同会第3副会長・中川浩己、介護士・長谷川美津子(JICAシニアボランティア)、本紙編集長・深沢正雪の4氏が参加 […]