ホーム | 日系社会ニュース | 永六輔さん3月に講演=時事問題をユーモアで

永六輔さん3月に講演=時事問題をユーモアで

1月29日(木)

 ラジオやテレビの構成、司会を務める一方で、作詞家、作家としても活躍、「大往生」などのベストセラーがある永六輔さんが三月七日午前十時から、文協大講堂で講演する。日本航空と文協の共催で入場は無料。三月六日午後二時からはイビウナ文協でもある。四日に着聖するその日に日本のラジオ番組の録音を行い、二日連続で講演。八日には帰国の途につく。
 永さんは一九三三年、東京・浅草の生まれ。浄土真宗「最尊寺」住職の次男。中学生の頃よりNHKラジオに台本の投稿を始め、早稲田大学在学中に放送界に入る。以来、ラジオを中心に作詞、テレビ、出版の仕事を続けている。
 生活の大部分は旅暮らし。そこで感じた矛盾や感動を語ったり書いたりしている。市民運動、ボランティア活動にも熱心なことで知られている。
 今講演では「学校ごっこ」(仮題)をテーマに、時事、社会問題を独自の切り口で斬りユーモアたっぷりに語る予定。観衆との掛け合いも見ものだ。
 一九九二年、NHK放送文化賞を受賞。主な近著に「もっともっとしっかり、日本人」(日本放送出版、一九九八)、「沖縄(ウチナー)から日本(ヤマト)が見える」(祥伝社、二〇〇〇)、「さようなら芸能界」(朝日新聞社、二〇〇一)、「人はなぜ歌うか。六輔流・日本音楽史」(日本放送出版、二〇〇三)などある。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • グアルーリョス連合=19日に36周年式典2008年10月18日 グアルーリョス連合=19日に36周年式典 ニッケイ新聞 2008年10月18日付け  グアルーリョス文化体育連合(USEG、椋野フェルナンド会長)は、創立三十六周年を記念して、十九日午後三時からグアルーリョス市内にある同連合会館(Rua Maria […]
  • ポルトガルがブラジル便を停止=29日から2月14日まで2021年1月28日 ポルトガルがブラジル便を停止=29日から2月14日まで  ポルトガルがブラジルなどとの間の航空便の運航を1月29日から禁止することを発表した。27日付現地サイトが報じている。  ポルトガル内務省が27日に発表したところによると、この決定は感染力の強い変異型ウイルスにより、コロナ禍が世界的に悪化したのを受けてのものだという。  渡 […]
  • 《ブラジル》ゲデス経済相=低所得者向けベーシックインカム創設へ=緊急支援金をもう2回支払い2020年6月10日 《ブラジル》ゲデス経済相=低所得者向けベーシックインカム創設へ=緊急支援金をもう2回支払い  パウロ・ゲデス経済相は9日、コロナウイルス蔓延中の低所得者救済策としての緊急援助金支払いをあと2回行うと発表し、さらに、若者雇用プログラムの「カルテイラ・ヴェルデ・アマレロ(CVA)」復活と、コロナ後にボウサ・ファミリアを含めた形のより大規模な基礎所得制「レンダ・ブラ […]
  • タデウ部長、菊地会長、小林会長と「美容の日」に訪れた福祉部利用者2014年12月6日 池崎グループ=福祉7団体に車椅子寄付=ビューティ・フェア10周年で=入居者に「美容の日」も  ラ米最大の美容商品見本市「ビューティ・フェア」を主催する池崎グループのビューティ・フェア社が4日、サンパウロ日伯援護福祉協会に10台の車椅子の寄付を行なった。同イベントが今年で10周年を迎えたことを記念して実施されたもの。憩の園、こどものその、ABRELAなど非日系含む、 […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]