ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | フォーゴ・デ・ション=米国への進出に拍車=3店舗増設し上場も見込む

フォーゴ・デ・ション=米国への進出に拍車=3店舗増設し上場も見込む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む2016年12月15日 Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む  インターネットのタクシー配車サービスUberが、13日にブラジルで食品宅配のUberEats(UE)のサービスを開始した。  同サービスは今のところ、サンパウロ市内中心部に限定されているが、タクシーを利用するのと同じやり方、「インターネットで申し込み、支払う」で、宅配での食 […]
  • 462歳のサンパウロ=元市民が恋する名物食は?2016年1月27日 462歳のサンパウロ=元市民が恋する名物食は?  25日はサンパウロ創立462周年だったが、同日付アゴラ紙は、サンパウロ市出身者で市外、あるいは他州へ引っ越した元市民に、「サンパウロの何を恋しく感じるか」を聞いてみた。 それによると、目立った答えは「24時間眠らない町」であることと、「食の豊かさ」だった。 サンパウロは世界で […]
  • タコベルが下半期にブラジル上陸=昨年の日本でのブームに続くか?2016年6月16日 タコベルが下半期にブラジル上陸=昨年の日本でのブームに続くか?  アメリカを拠点とするメキシコ料理のファスト・フード・チェーン「タコベル」が、16年下半期にブラジルに上陸するという。 アメリカではハンバーガーのマクドナルド同様に「安いファスト・フード店」として以前から有名だったタコベルだが、日本上陸は昨年だ。 メキシコ料理がなかなか根付かず […]
  • ファヴェーラ出身のシェフ=「料理が私の人生を救った」2015年10月24日 ファヴェーラ出身のシェフ=「料理が私の人生を救った」  リオ・デ・ジャネイロ市イパネマビーチの高級ホテルの料理長、ウィリアンス・アレス・オリベイラ・シルバさん(43)はリオの貧しい地域に生まれ、幼くして両親と別れた。そんな彼が料理人の叔父の職場を遊び場として育った後、豪華客船の厨房スタッフを経験し、「ボキューズ・ドール」と呼ばれる […]
  • サンベルナルドの名物レストラン、67年の歴史に幕2016年1月8日 サンベルナルドの名物レストラン、67年の歴史に幕  1949年、サンパウロ市郊外ABC地区サンベルナルド・ド・カンポ市を通って、狩りに出ていた猟師達はよく、狩りへの道すがら、サンタ・デマルシさんに「狩りの帰りに食事がしたいんだけど、鶏を絞めて昼飯を用意しておいてくれないかな」と声をかけた。 家の庭で育てられた鶏はハーブで味付け […]