ホーム | 連載 | 2013年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦前編◇ =(42)=治の遠大な旅路の終着点=「父は好きなように生きた」

日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦前編◇ =(42)=治の遠大な旅路の終着点=「父は好きなように生きた」

ニッケイ新聞 2013年9月10日

「父から14年間も便り一つなかった」と語る清丸米子

「父から14年間も便り一つなかった」と語る清丸米子

 聖南の〃日本村〃レジストロは、何人もの明治男子の遠大な旅路の終着点として選ばれた地だった。佐々木定一は最初、南米の太平洋岸ペルーに移住したが、歩いてアンデス越えをし、アマゾン河流域にも定住の地を見つけることが出来ず、さらに南下して聖州ノロエステ線でも腰を落ち着けられず、最終的にレジストロへ行き着いた。
 だから定一の娘、米子(80、二世)=レジストロ在住、3月12日取材=は同地5部ラポウゾ区生まれ。夫・清丸清は同地入植80周年の折、同文化協会を創立させた立役者だ。
 定一は東京都八丈島の出身で、絶海の孤島に将来を見いだせず、南米の広大な大地に夢を抱いた。妻と生まれたばかりの子供二人(3歳、3カ月)をおいて、1915(大正4)年に単身南米に向かった。「3年して金を儲けたら帰ってくる。そういって家を出て行ったそうです。金儲けの夢を果たすためにペルーを選んだようです」。
 定一は最初ペルーに渡り、砂漠気候の地で葡萄園の農業労働者として1年ほど働いた。当初は「アンデス山脈に積もった雪解け水があるから大丈夫」と言われて納得していたが、徐々に「雨が全然降らないとこなんて人が住む所ではない」と思うようになり、南下してボリビアに新天地を求めたが、「麻薬を作っている人々がいて危ない」と判断した。
 さらに南下してチリまでいった。遠くにアンデス山脈を臨み、寒流が流れており、「日本に似ていると喜び、漁業を始めたが魚が売れなかった」ので、逃げるようにペルーに舞い戻った。
 1918年に定一と従兄弟と友人の3人でアンデス山脈を歩いて越え、アマゾン川を船で下り、マナウス、ベレンにも1年ほど滞在した。「ベレンで着いた次の日から測量技師の仕事が見つかり、さっそく始めたが、巨大なスクリー(水蛇)を見て怖くなり辞めた。周りの人間がどんどんマレッタ(マラリア)で死んでいくのに魂消て、ここも辞めた」という。
 翌1919年には聖州まで南下した。「おおかた〃金のなる木〃があるとでも聞いて降りてきたんでしょう」と米子は笑う。実際にノロエステ線の珈琲園で働いて金を貯め、レジストロに土地を買って入植した。島育ちの血ゆえか、あえて海に近い聖南を選んだ。
 南米大陸の背骨、アンデス山脈の西側と東側をそれぞれ縦断する壮大な旅の果てに、ようやくその安住の地は現れた——。日本を発ってから苦節14年目、1929年に妻と子供を連れてくるために一時帰国した。
 「母が言うには、15年間も便り一つなかった夫が、突然現れたそうです。まるで浦島太郎だったそう。そりゃそうですよね。3歳だった子供が18歳ですから」と米子は想像する。当然のこと「母も日本生まれの姉もブラジル行きに反対したそうですが、父が『10年したら必ず日本に戻るから』として無理やり1930年に連れて来た」。その後レジストロで兄と米子が生まれ、「日本から連れてきた兄弟とは親子のように年が離れていた」という。
 「そして約束の10年が経つ前後に戦争勃発の雲行きとなり、帰れなくなりました。戦後も母は『日本に行きたい』とくり返し言っていました。でも、日本に戻る時のため貯めていたお金を戦後、日本で困っていた兄弟に送金してしまったそうです」。結局、母は一度も訪日せず、1974年に亡くなった。
 「父は好きなように生きた。その分、お母さんは大変だった。だって15年間も義理の母、二人の子供の面倒を見たんですよ。その上、行きたくなかったブラジルに…。いつも日本が恋しい、懐かしいと言っていました」と振り返った。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ