ホーム | 日系社会ニュース | マリンクラブ油絵展=総領事館で24日から

マリンクラブ油絵展=総領事館で24日から

ニッケイ新聞 2013年9月12日

 マリンクラブ油絵同好会(篠又幸市郎代表)による『第13回絵画展』が24日から3日間、在聖日本国総領事館3階の多目的ホール(Av. Paulista, 854, Bela Vista)で開催される。入場無料。
 23日午後5時からオープニングがある。24日以降の開館時間は午前10時〜午後5時まで。
 当地進出企業の駐在員が中心になって創立したクラブ。現在は元駐在員やコロニアの絵画愛好家が参加している。篠又代表、中野晃治、江坂雅雄、小松リョウスケ(二世)、後藤隆、相田祐弘、砂古友久さんの7人が、画家の若林和男さんの指導で、1年間に制作した作品(油絵中心)の中から自信の数点を持ち寄る。
 案内のため来社した砂古さんは「絵画愛好者の方、ぜひお見えください。初日はカクテルパーティーもあります」と呼びかけた。
 問い合わせは砂古さん(11・5571・7594)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ