ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月20日

 審査委員辞任問題に関し、UPK役員の一人は「島田さんは誰が見てもこの業界のトップだが、これまで審査方法を巡って色々議論があったことも確か。彼と結城ルイス前会長との関係もあって、特に支部の方でかなり過激な意見が出されていた。理事会の中のそんな勢いに押されて山尾さんが動いたのだろう」との私見をのべた。これは単なる世代交代なのか、それともコロニア歌謡界の権力闘争?!
     ◎
 先月30日付け本紙7面で、帰伯子弟の吉永クラウジオさんと、来伯した日本人女性との間に起こった詐欺まがいの金銭トラブルを報道した。典紡瑞輝さんは、帰国後も「平手うちをされた上、セミナーを最後まで受講できなかった」として繰り返し受講料10万円の返済を求めていたが、17日、当地の知り合いの協力を得て全額返してもらったとの報告があった。とりあえず一件落着か。
     ◎
 昨年3月、愛知県名古屋市に誕生したアイドルグループ「dela」で、日系伯人の森本チエミさんが活躍している。「NHKウェブニュース」が報じた。豊橋生まれの高校2年生で、ブラジル人学校に通うため昨年までほとんど日語が話せなかったが、歌のために熱心に勉強中とか。地元の菓子メーカーのイメージガールにも抜擢されるなど、活躍の幅も広がっている。同市で開かれるブラジルの祭典に出演したところ、ブラジル人らが「パワーをもらった」と大喜び。夢は「祖国・ブラジルの人たちにライブを見せる」こと。コロニアでお目にかかれる日を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]