ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月20日

 無医地域に医師を国費派遣するマイス・メジコス計画に応募する伯人医師が全然足りないとの報道に接し、「この国に赤ひげ先生はいないのか」と以前書いた。ところが嬉しいことに南伯には日系の先生がいると本紙11日付に掲載された▼南伯文化援護協会が毎年行なう巡回診療の森口エミリオ医師らだ。南部2州3千キロを移動し、最後にサンタカタリーナ州ラーモス移住地に立ち寄った時の話だった。同医師が客員教授をする横浜市大医学部からも参加しており、日伯協力型マイス・メジコスみたいだ▼エミリオ医師は患者の悩みや家庭内の問題まで聞き取った後で処置を決める。ある移住地では、血液検査で前立腺特異抗原の数値が高い人がおり、同医師はエコー検査の指示を出した。そのエコー写真には現地病院の専門医所見として「異常なし」と書かれてあった▼しかしエミリオ医師は生体検査の必要性を伝えた。本人は自覚症状が全くないので最後まで「何で自分が…」と渋っていたが、しぶしぶポルト・アレグレで生体検査した結果、前立腺ガンだと判明し、摘出手術を受けて助かったこともあったと聞く▼ラーモスでの巡回診療は連日深夜まで行なわれ、そんな医師団と援協スタッフへの感謝の気持ちを表すため、移住地の婦人らが食事などを競い合うように準備した▼しばしば零度以下になる真冬の同地だけに最終日の朝、会員が自宅の露天風呂を用意して先生に入ってもらい、風呂上りにはワインと自家製のオツマミ各種、特産の梨を食べてもらった。心づくしのお礼に医師団らも大喜びだったとか。そんな細やかな心の交流が移住地の醍醐味だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]
  • 政界の裏で実権を握りそうな男2019年4月26日 政界の裏で実権を握りそうな男  今年に入り、ジャイール・ボウソナロ大統領、および彼の家族が引き起こす物議が国の内外で話題を呼んでいる。ただ、これからの少なくとも2年間、政治上の裏の実権を握りそうなのはロドリゴ・マイア下院議長になるのではないか。コラム子はそう睨んでいる▼それを象徴する出来事が23日に […]
  • 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS2019年4月25日 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS  22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせ […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]