ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月28日

 今週発売のイギリスの経済誌「ザ・エコノミスト」が、ロケットになったコルコバードのキリスト像が空中を迷走して墜落する姿と「伯国はしくじったのか?」という言葉を表紙に描き、話題となっている。同誌は2009年の表紙に、同像を離陸するロケットになぞらえた絵と「伯国は飛びたった」という言葉を掲載したことがある。最新号では、09年の号で絶賛していた労働者党(PT)を酷評し、「政権交代がない限り苦しい」とした。伯国ではその記事に同調する人も少なくなかったが、「今のイギリスの経済状況で人のことを言えるのか」と反論する声もあった。
     ◎
 26日午前8時30分頃、CPTM11号線のコリンチャンス・イタケラ〜タトゥアペ駅間で電車が40分停車するトラブルが起きた。原因は急に気分の悪くなった女性が緊急ボタンを押したためだが、通勤時間でもあり、乗客はタトゥアペ駅まで続々と歩いた。また、午前7時40分頃にはCPTM7号線でも乗客がプラットフォームから降りて電車に乗ろうとして混乱が起き、ダイヤが正常になるまで40分かかった。
     ◎
 26日朝、総合格闘技(MMA)の選手、レアンドロ・フェイジョン(26)が突然気分を悪くして倒れ、急死した。これにより、同選手が27日に参加する予定だったリオでの「修斗43」は急遽中止となった。フェイジョンの死亡の直接原因に関してはまだ明らかにされていない。アンデルソン・シウヴァなどの活躍で、伯国での総合格闘技は注目度が上がっていた矢先の出来事だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2017年11月7日 東西南北  10月25日にゴイアス州ゴイアニアの私立校で起きた、14歳の生徒がいじめの仕返しで同級生2人を殺害した事件はまだ記憶に新しいが、6日朝、また同州の学校で生徒が射殺される惨事が起きた。現場は同州アレシャニアの州立校で、ラファエラ・ノヴィンスキさん(16)が、午前8時15分頃、教 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]