ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月28日

 今週発売のイギリスの経済誌「ザ・エコノミスト」が、ロケットになったコルコバードのキリスト像が空中を迷走して墜落する姿と「ブラジルはしくじったのか?」という言葉を表紙に描き、話題となっている。同誌は2009年の表紙に、同像を離陸するロケットになぞらえた絵と「ブラジルは飛びたった」という言葉を掲載したことがある。最新号では、09年の号で絶賛していた労働者党(PT)を酷評し、「政権交代がない限り苦しい」とした。ブラジルではその記事に同調する人も少なくなかったが、「今のイギリスの経済状況で人のことを言えるのか」と反論する声もあった。
     ◎
 26日午前8時30分頃、CPTM11号線のコリンチャンス・イタケラ〜タトゥアペ駅間で電車が40分停車するトラブルが起きた。原因は急に気分の悪くなった女性が緊急ボタンを押したためだが、通勤時間でもあり、乗客はタトゥアペ駅まで続々と歩いた。また、午前7時40分頃にはCPTM7号線でも乗客がプラットフォームから降りて電車に乗ろうとして混乱が起き、ダイヤが正常になるまで40分かかった。
     ◎
 26日朝、総合格闘技(MMA)の選手、レアンドロ・フェイジョン(26)が突然気分を悪くして倒れ、急死した。これにより、同選手が27日に参加する予定だったリオでの「修斗43」は急遽中止となった。フェイジョンの死亡の直接原因に関してはまだ明らかにされていない。アンデルソン・シウヴァなどの活躍で、ブラジルでの総合格闘技は注目度が上がっていた矢先の出来事だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発2014年4月8日 W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発 ニッケイ新聞 2014年4月8日 6月12日から始まるワールドカップ期間中、サンパウロ市では、アレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で試合がある日の会場周辺で、特別な交通規制などを敷く事を決めたと6日付フォーリャ紙が報じた。 イタケロンで行なわれる試合は、開会式もある6月1 […]
  • 東西南北2014年4月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月1日  3月30日に行われたサンパウロ州選手権準決勝で、イトゥアーノがパルメイラスに1―0で勝利する大金星で決勝戦に進出した。予選でサンパウロに勝利し、Bグループでコリンチャンスを蹴落として勝ち上がって来たイトゥアーノが、予選絶好調のパルメイラスまで […]
  • 東西南北2014年3月8日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月8日  2月27日にサンパウロ市中央部CPTMルス駅のホームで、38歳の女性が到着した電車に頭を直撃されて死亡した件で、直前に女性を取り押さえようとした警備員2人が業務過失上致死、口論した研修員が傷害容疑で起訴される可能性が出てきた。17歳の研修員 […]
  • 東西南北2014年2月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月28日  今日付本紙で報じているCPTMルス駅での係員と口論した妊婦の電車事故の他に、25日はサンパウロ市の電車網で驚くべき事故が続いた日でもあった。同日朝は中央部セーの地下鉄3号線で27歳の女性が電車が近づいてくるタイミングでプラットフォームに突 […]
  • 東西南北2014年2月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月11日  9日付伯字紙によると、2013年第2四半期において、60歳以上の雇用者数が、前年同時期と比べて6・8%上昇していることがわかった。これは2番目に高かった40~59歳の2・4%に比べても3倍近い高さだ。また、失業率で見てみると、60歳以上は […]