ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月1日

 日本食店「伴」が弁当販売を始めたが、近年弁当は世界で「Bento」として知られ、日本のサブカルチャーとして注目を集めているようだ。産経ニュースによれば、京都在住のフランス人男性が通信販売で弁当箱販売を始めたところ、ブラジル含め世界80カ国から注文が殺到したとか。太鼓や書道、芸能などに限定されがちな日本文化普及。弁当文化の普及も中々おもしろそう。
     ◎
 巡礼愛好家らによる四国88カ所巡りのノウハウを伝える講演が聖(7日)、クリチバ(5日)、リオ(11日)で開かれる。いずれも午後7時半開催。場所は次の通り▼聖=香川県人会(Rua Itaipu, 422)、サイト=www.santiago.org.br▼クリチバ=パウロ・アウトラン講堂(Rua Coronel Dulcidio, 517、Shopping Novo Batel)、サイト=www.curitigrinos.com.br▼リオ=カーザ・ダ・エスパーニャ(Rua Maria Eugenia, 300, Humaita)。来年は霊場開創1200年。挑戦する良い機会かも。
     ◎
 アリアンサ移住地建設の発起人の一人、今井五介は、後にモジ市コクエイラ区にカザロン・デ・シャーを建設するなど、アリアンサ以外にも当地に関わった。1886年から4年間米国で辛酸を嘗めるなど、渡米経験を持つ長野県人という、永田稠、輪湖俊午郎らとの共通点を持つ。片倉組は1873年に小さな製糸工場として始まり、五介らの奮闘で従業員1万5千人という日本一の工場に育て上げた。高額納税者として貴族院議員に担ぎ上げられた。だが五介は従業員と一緒になって労務に携わり、娘も一般女子見習い工と同等の働きぶりだったという。小川平吉と共に、政界からブラジル移住を推進した立役者として、もっと脚光を浴びてもいい人物だろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]
  • ■今週末の催し2018年4月26日 ■今週末の催し  28日(土曜日)  サンパウロ日伯援護協会定期評議員会、午前9時半、援協本部ビル神内ホール(Rua Fagundes, 121, Liberdade)      ◎  1959年4月23日サントス港着あめりか丸第42回同船者会、午前10時半、文協ビル県連会議室(Rua […]
  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]
  • 大耳小耳2017年8月26日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》と […]