ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(40)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(40)

ニッケイ新聞 2013年11月7日

「『お釈迦』さまはシャキャ族の王子だった事で『シャカ』の名が付きましたが、別名『仏陀』とも言われますね。『ブッダ』の語源は古代インドのサンスクリット語で『目覚めた者』、つまり『覚者(さとるもの)』と云う意味で『悟り』を開いた方を指します。そう云うわけで、仏教に尽し、ある程度『悟』った方も仏さまと呼び、未だ修行中の『菩薩』さま達や、それに、偉いお坊さんまでも仏さまと呼んでいいと祖父が言っていました」
「他にもおられますか?」
「はい、仏教の守り神『梵天』、『帝釈天』や『四天王』の中の『毘沙門天』、そのお妃で、絶世の美女で修業僧も惑わす『吉祥天』、俊足の『韋駄天』、日本でなじみ深い七福神にも含まれた『大黒天』例の『大黒』さんや『弁才天』略して『弁天』さんと、私の大好きな庶民的な仏さまが沢山おられます」
「頼もしく素敵な仏さんがたくさんおられるのですね」
「この様な仏さま達に守られて暮らすなんて楽しいではありませんか」
「ほんとうに、仏の世界は面白くて楽しいですね」
 西谷は時間を気にして腕時計を見た。その瞬間、中嶋和尚との問答が途絶え、今まで気にしていなかった周りのざわめきが急に聞こえ、夢の世界からこの世に戻ったような気がした。
「こうやって、中嶋和尚の仏さま達のお話に夢中になっていますと、別世界にいたような気分でした。不思議ですね」
「私も、仏さまの話を始めますと、自分がどこにいるかも忘れてしまいます。私達は今、ブラジルの首都ブラジリアの空港ロビーにいるのですね」
「一瞬、次元の違う世界から戻ってきた様な気がしました。・・・、まだ、リオデジャネイロからの乗継便が着くまでだいぶ時間があります。中嶋和尚、これから、目の前のブラジリアの世界を見ますか」
「はい」
「あのいちゃついている男女がいますね。日本では周りから迷惑だと非難されるでしょうが、ブラジルでは誰も気にしません。本人達は二人だけの幸せな世界に居ます」
「周りのブラジルの人達は縁結びも司る『愛染明王』の化身なのでしょう」
「中嶋さん、あの白い服装の一団がいますね。あれは『カンドンブレ』といって、アフリカから伝わった宗教の信者達です」
「アフリカから?」
「ええ、黒人から伝わりましたから、そうだと思います」
「服装が真っ白で清潔な感じですね」
「意外と信者が多いですよ。特に麻薬患者が救いを求めて・・・。神秘的な雰囲気が功を奏して結果を出しているそうです」
「まるで『観世音菩薩』さまみたいで、名前までなんとなく似ていますね」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]