ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(42)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(42)

ニッケイ新聞 2013年11月13日

「聞いた事がありますが、そのリンネについて説明していただけませんか」
「はい、『輪廻転生』と言って、これは古代インドから受継がれ、仏教にとって根本的な考えです。ヒンドゥー教も『霊魂再来説』として受け継がれています。それは、六道で生を繰り返しながら修行し、理想の境地である涅槃に至り、極楽に達する事で、それを『極楽浄土』と云います。イスラム教では少し輪廻の解釈が違って『死とは次の世に移る扉である』と教えています」
「だから、回教徒は死を怖れないのかな」
「イスラムは宗派でだいぶ解釈が違いますから、そう言切れません」
「仏教は死とは極楽を目指すのですね」
「生きてるうちに正しい行いをすればの事です。そして、仏様たちを信じれば必ず六道から解脱して極楽へ行けます」
「六道とは『修羅道』『畜生道』それに『餓鬼道』と、それから?」
「私達の今の世界の『人間道』、それに、『天道』と云うまだ極楽に到達していない修行中の菩薩さま達の世界と、『地獄道』を合わせて全部で六道になります」
「『修羅道』とは?」
「戦いに暮れる世界です。『畜生道』は動物の世界、それに『餓鬼道』は飢えと渇きに支配された世界、『地獄道』はお分かりですね」
「このロビーには、輪廻によって『畜生道』や『餓鬼道』が待っている方がいるわけですね。ここは政治の中心地で、欲が渦巻いていますから当然かも」
「ですが、仏さまはこの方達を見捨てません。仏さまのスケールで見ますと、ほんの一瞬の姿ですから、この人達を救う色々な仏さまが現れます」
「まだ色々な仏さまがおられるのですか?」
「先に言った仏さま達は勿論、何百、何千の仏さまが救いに来てくれます。『釈迦如来』さまを筆頭に、如来さま達の世界の中心にいる奈良の大仏で有名な『毘盧舎那(びるしゃな)如来』さま、そしてその別名で、密教では仏のなかの王様と云われる『大日如来』さま、人をあの世の浄土に導く『阿弥陀如来』さま、万病を治し、この世の安堵を約束する名医『薬師如来』さま、すべてを映し出す眼力を持った『阿?(あしゅく)如来』さま、平等に見る智を持つ『宝生如来』さま、救う方法を知る『不空(ふくう)成就如来』さまと、最上級の『如来』さまだけでもたくさんおられます。考えて下さい、この仏さま達がそれぞれ役割を分担してチームを組んで当たればどんな悪癖、悪弊をも阻止し、平和な世界にしてくれます。それに続き、文殊の智慧で有名な『文殊菩薩』さま、慈悲を司る『普賢(ふげん)菩薩』さま、如来候補の『弥勒菩薩』さま、その『弥勒菩薩』さまが『如来』となって現れるまでの無仏時代の総責任者である『地蔵菩薩』さま、記録係りの『虚空蔵菩薩』さま、『薬師如来』さまに仕える『日光菩薩』さまと『月(がっこう)光菩薩』さま…」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]