ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(42)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(42)

ニッケイ新聞 2013年11月13日

「聞いた事がありますが、そのリンネについて説明していただけませんか」
「はい、『輪廻転生』と言って、これは古代インドから受継がれ、仏教にとって根本的な考えです。ヒンドゥー教も『霊魂再来説』として受け継がれています。それは、六道で生を繰り返しながら修行し、理想の境地である涅槃に至り、極楽に達する事で、それを『極楽浄土』と云います。イスラム教では少し輪廻の解釈が違って『死とは次の世に移る扉である』と教えています」
「だから、回教徒は死を怖れないのかな」
「イスラムは宗派でだいぶ解釈が違いますから、そう言切れません」
「仏教は死とは極楽を目指すのですね」
「生きてるうちに正しい行いをすればの事です。そして、仏様たちを信じれば必ず六道から解脱して極楽へ行けます」
「六道とは『修羅道』『畜生道』それに『餓鬼道』と、それから?」
「私達の今の世界の『人間道』、それに、『天道』と云うまだ極楽に到達していない修行中の菩薩さま達の世界と、『地獄道』を合わせて全部で六道になります」
「『修羅道』とは?」
「戦いに暮れる世界です。『畜生道』は動物の世界、それに『餓鬼道』は飢えと渇きに支配された世界、『地獄道』はお分かりですね」
「このロビーには、輪廻によって『畜生道』や『餓鬼道』が待っている方がいるわけですね。ここは政治の中心地で、欲が渦巻いていますから当然かも」
「ですが、仏さまはこの方達を見捨てません。仏さまのスケールで見ますと、ほんの一瞬の姿ですから、この人達を救う色々な仏さまが現れます」
「まだ色々な仏さまがおられるのですか?」
「先に言った仏さま達は勿論、何百、何千の仏さまが救いに来てくれます。『釈迦如来』さまを筆頭に、如来さま達の世界の中心にいる奈良の大仏で有名な『毘盧舎那(びるしゃな)如来』さま、そしてその別名で、密教では仏のなかの王様と云われる『大日如来』さま、人をあの世の浄土に導く『阿弥陀如来』さま、万病を治し、この世の安堵を約束する名医『薬師如来』さま、すべてを映し出す眼力を持った『阿?(あしゅく)如来』さま、平等に見る智を持つ『宝生如来』さま、救う方法を知る『不空(ふくう)成就如来』さまと、最上級の『如来』さまだけでもたくさんおられます。考えて下さい、この仏さま達がそれぞれ役割を分担してチームを組んで当たればどんな悪癖、悪弊をも阻止し、平和な世界にしてくれます。それに続き、文殊の智慧で有名な『文殊菩薩』さま、慈悲を司る『普賢(ふげん)菩薩』さま、如来候補の『弥勒菩薩』さま、その『弥勒菩薩』さまが『如来』となって現れるまでの無仏時代の総責任者である『地蔵菩薩』さま、記録係りの『虚空蔵菩薩』さま、『薬師如来』さまに仕える『日光菩薩』さまと『月(がっこう)光菩薩』さま…」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]