ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)

ニッケイ新聞 2014年3月29日

「(ウエムラだ)」

「(逮捕に行くそうですね)」

ジョージはホテルでコピーした森口のチェックインカードを出し、

「(早速、逮捕状の手続きをしてくれ。これが奴の身元だ)」

「(これは個人情報侵害になるのでホテルは出してくれませんよ)」

「(『不法滞在者を匿った罪で訴える』と脅せば直ぐ手に入る)」

十分後、

「(どうした?逮捕状遅いじゃないか)」

「(判事のサインが取れません)」

「(判事がいないのか?)」

「(そうです)」

「(緊急事態だ。サインは俺がする。出発だ!)」

「(それは違反です!)」

「(落度は仕事に遅れた判事の方だ! 後で、奴のサインを必ず取る)」

「(どうして取れると確信出来るのですか?)」

「(サインする事で判事が仕事に遅れなかった証拠になるんだ)」

「(なーるほど、さすがウエムラ刑事は評判通りですね。勉強になります)」

 三人はサンパウロに向かった。アレマン新米刑事が気を利かせて、モンテイロ・アキラ署長所有の回転灯を失敬して車の上に置いた。

 サンパウロ市街に入って直ぐ、ジョージの日本製輸入車の回転灯に不審を抱いたパトカーが後ろに付き、サイレンを一吹きした。

 ジョージは車を歩道に寄せた。

「(アレマン、たのむぞ)」

 新米刑事は車を降り、五メートル距離をおいたパトカーにうかつに近づいた。

驚いた二人の警官はパトカーの両サイドのドアを開け、いきなりピストルを構え、無線で援護を求めた。

「(手を上げろ!)」

 アレマンは、なんの抵抗も出来ず、言われるまま両手を上げた。

「(ヒザをつけ!)」

 更に二台の救援パトカーが急行してジョージの輸入車を囲んだ。

「(バカだな、アレマンは)」ジョージは両手を上げて車から降りた。後ろから一人の警官がジョージの上げた両手を引き下ろし手錠を掛け、

「(回転灯の使用許可証は?)」

「(これは署長の物だ。任務で急行中だ!)」

「(輸入車で? おっ、ウエムラ刑事じゃないですか! 数年前・・・。覚えていませんか。第三インファンタリアのマグリオ・ネット少佐の部下です)」

「(あの検問所の、軽機関銃の警官か・・・、手錠を外してくれ)」

「(あの時、命を救ってもらい、ありがとうございました。こんな所で会うなんて、偶然ですね。どこへ?)」

「(犯人逮捕だ)」

「(ご一緒します。先導しますから回転灯を外して下さい)」

「(その前に、手錠を外してくれないか)」

「(あっ! はい)」

 パトカーに先導され、東洋街のニッケンホテルに向かった。

 パトカーとジョージの車はホテルの玄関広場に壁を作るように止まった。警官二人が玄関を堅め、もう一人の警官と二人の新米刑事が森口が潜んでいる803号室に向かった。

 しばらくして、後ろ手に手錠を掛けられ、白い包帯を頭に巻いた森口が警官に引かれ現れた。

 ジョージが開けたパトカーのドアに森口は警官に頭から押し込まれ、

「いてぇー、気を付けろ!」

「まだ痛むのか?」

「お、お前! あの時の二世・・・」

「そうだ、不法滞在で逮捕に来た」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126)2014年3月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126) ニッケイ新聞 2014年3月28日 二十分後、ジョージが戻ってきた。 「思った通り、奴は観光ビザで、すでに二ヶ月以上の不法滞在だ」 「それで彼を留置所にブチ込めますか?」 「検事次第だ。友人のアレイショスに電話しよう」 「アマゾンの? あの凄くウンの強い副司令官ですね」 「中 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124)2014年3月26日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124) ニッケイ新聞 2014年3月26日 「ジョージ、身体の調子は?」 「この通り、アザが残っただけだ」 「良かったですね早く治って・・・」中嶋和尚はそう言いながら昨夜作った『聖正堂阿弥陀尼院』のお位牌を広い会議机の真ん中に置いた。 「早速だが、これから田口さんの願いをどう解決する […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)2014年3月27日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127) ニッケイ新聞 2014年3月27日 取材に満足しペンを納めながら古川記者が、 「それで、森口をどうやって逮捕すれば」 黙って話を聞いていたジョージが、 「それにはまず理由がいる」 「理由?」 「逮捕や裁判する理由だ、それをなんとかしなくては・・・」 「ジョージ、でっち上げはダ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(122)2014年3月22日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(122) ニッケイ新聞 2014年3月22日 あくる日、居酒屋『桃太郎』やレストラン『ポルケ・シン』に近いバンデイランテス病院の救急治療室のベッドに強い痛み止めの薬で意識朦朧のジョージが見知らぬ『観音』さまに見守られ横たわっていた。 「(大丈夫ですか?先生)」 「(胃袋の静脈が寸断され […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123)2014年3月25日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123) ニッケイ新聞 2014年3月25日 「(どうしてだ?)」 「(説明するから銃口を俺から外してくれないか)」 「(説明!?)」 「(俺の名は古川。君は?)」 「(パウロだ。早く説明しろ)」 古川記者は『般若心経』を心に、 「(私がパウロにお金を貸せばいい)」 「(お前が俺に金を […]