ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月14日

 ミナス州議会から顕彰された白浜清俊エドアルドさんの座右の銘は「努力」。取材中も「何でもきっちりこつこつ、最後までやることが大切」という言葉を何度も聞いた。半世紀近く寄り添い続ける妻・輝子さんも「あの人は強情なところもあるけど、意志が強くてやると決めたことを放り投げたことはない」とその人柄を誇っていた。白浜さんのお気に入りは刑事ドラマ『太陽にほえろ』とか。カンブイの町で、同ドラマの〃ボス〃こと藤堂係長(石原裕次郎)ばりに渋い存在感をみせ続けてほしいものだ。
     ◎
 ロンドン五輪柔道63キロ級銅メダリストの上野順恵さん(30)が11日、競技生活からの引退を発表した。同日付共同通信が報じている。今年3月から半年間、所属する三井住友海上の業務研修でサンパウロ市に滞在し、9月末に帰国していた。帰国直前の9月中旬にサンパウロ市の日本人学校で講演した際には、進退について「まだ迷っている」と話していた上野さん。今後は同社でコーチとしての人生をスタートさせるとのこと。当地を非常に気に入っていただけに、ぜひ選手を率いて五輪までにブラジル遠征に来て欲しいもの。
     ◎
 先月16日、米海軍太平洋艦隊の交代式で、日系二世のハリー・ハリス海軍中将が司令官に就任した。中国紙・環球時報などが報じた。1970年の艦隊発足以来、日系人の司令官は初。1956年に神奈川県横須賀市に生まれ、2歳の時に米国に移住した。父親は米軍人。日米同盟関係強化がねらいとの見方もあるが、いずれにせよ米国日系コミュニティには朗報のよう。ただし、韓国系アメリカ人が展開している米国での慰安婦碑設置運動に、日系のマイケル・ホンダ下院議員が協力しているように、必ずしも「日系だから味方」とは限らない。

image_print

こちらの記事もどうぞ