ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月14日

 ミナス州議会から顕彰された白浜清俊エドアルドさんの座右の銘は「努力」。取材中も「何でもきっちりこつこつ、最後までやることが大切」という言葉を何度も聞いた。半世紀近く寄り添い続ける妻・輝子さんも「あの人は強情なところもあるけど、意志が強くてやると決めたことを放り投げたことはない」とその人柄を誇っていた。白浜さんのお気に入りは刑事ドラマ『太陽にほえろ』とか。カンブイの町で、同ドラマの〃ボス〃こと藤堂係長(石原裕次郎)ばりに渋い存在感をみせ続けてほしいものだ。
     ◎
 ロンドン五輪柔道63キロ級銅メダリストの上野順恵さん(30)が11日、競技生活からの引退を発表した。同日付共同通信が報じている。今年3月から半年間、所属する三井住友海上の業務研修で聖市に滞在し、9月末に帰国していた。帰国直前の9月中旬に聖市の日本人学校で講演した際には、進退について「まだ迷っている」と話していた上野さん。今後は同社でコーチとしての人生をスタートさせるとのこと。当地を非常に気に入っていただけに、ぜひ選手を率いて五輪までにブラジル遠征に来て欲しいもの。
     ◎
 先月16日、米海軍太平洋艦隊の交代式で、日系二世のハリー・ハリス海軍中将が司令官に就任した。中国紙・環球時報などが報じた。1970年の艦隊発足以来、日系人の司令官は初。1956年に神奈川県横須賀市に生まれ、2歳の時に米国に移住した。父親は米軍人。日米同盟関係強化がねらいとの見方もあるが、いずれにせよ米国日系コミュニティには朗報のよう。ただし、韓国系アメリカ人が展開している米国での慰安婦碑設置運動に、日系のマイケル・ホンダ下院議員が協力しているように、必ずしも「日系だから味方」とは限らない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2017年2月1日 大耳小耳  JICAボリビア通信第9号を見ていたら、興味深いプロジェクトが進んでいるようだ。標高3600メートルにある首都ラパスから発信しているだけに、副題が「高いところから失礼します!!」とシャレている。同地のボリビア日系協会連合会(ANBJ)は加盟団体と協議を重ねて、「日本学園(仮称 […]