ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(46)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(46)

ニッケイ新聞 2013年11月20日

 機内持込みのバックを肩にかけ、タラップを降り、強い陽をはね返し、地獄の釜の底を思わせる灼熱のコンクリートの上を歩き、管制塔を被った建物に逃げ込んだ。
 十分後、荷物が分厚いゴムのコンベヤーに乗って現れた。
「あっ、あれだ、あれです」
 二人が荷物をカートに乗せて不安そうにゲートを出ると、A4サイズのプラカードを持った中年で真っ白い髪のブラジル人が寄って来た。
「ニ、シ、タ、ニ、サン!?」
「(はい、貴方はアレイショスさんですか?)」
「(そうです)」
 『菩薩』さまみたいな顔のアレイショスに、二人はホッとした。
「(はじめまして)」
「(この方が)ナ、カ、ジマ、サン?」
「中嶋和尚、ジョージさんが紹介した副司令官のアレイショスさんです」
「中嶋です。始めまして。お迎えに来ていただき、恐縮です」中嶋和尚の挨拶を西谷が通訳した。
「(ジョージのお友達と聞いて、喜んで迎えにきました。こちらへ)」
 黒い角型の車体に金色で『Policia Federal(連邦警察)』と書かれた、一見霊柩車みたいでなんとなく不気味な様相の、ダブルキャビンのジープが正面入口の駐車禁止区域に堂々と止めてあった。
「(どうぞ)」
「(公用車に?)」
「(大丈夫です。我々の行動はいつも何かの捜査の一環と見なされますから、心配なく)」
「中嶋和尚、どうぞ」
「いいのですか?」
「大丈夫です。ですが、警察に連行されているような感じですね」
 運転席から出てきた彼の部下が二人の荷物を後ろに積み、ドアを開けてくれた。二人は勧められるまま車に乗り込んだ。中は強力な冷房が効いた極楽であった。

 助手席に乗ったアレイショス副司令官は、運転の部下に、
「(ホテル・ジュレマへ)」と指示してから、身体を捻り後部を見ながら、
「(ウエムラは元気ですか?)」
「(はい。上村さんから、よろしく伝えてくれと、これを託されました)」
「(おお、ウエムラも好きなジャックダニエルですね。よく二人で飲んだトウモロコシのウイスキーです)」
「(上村さんとは古い付合いですか?)」
西谷は話しながら、中嶋和尚に会話の内容を通訳した。
「(ウエムラは私の命を何回も救ってくれた刑事時代の相棒です)」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]