ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(46)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(46)

ニッケイ新聞 2013年11月20日

 機内持込みのバックを肩にかけ、タラップを降り、強い陽をはね返し、地獄の釜の底を思わせる灼熱のコンクリートの上を歩き、管制塔を被った建物に逃げ込んだ。
 十分後、荷物が分厚いゴムのコンベヤーに乗って現れた。
「あっ、あれだ、あれです」
 二人が荷物をカートに乗せて不安そうにゲートを出ると、A4サイズのプラカードを持った中年で真っ白い髪のブラジル人が寄って来た。
「ニ、シ、タ、ニ、サン!?」
「(はい、貴方はアレイショスさんですか?)」
「(そうです)」
 『菩薩』さまみたいな顔のアレイショスに、二人はホッとした。
「(はじめまして)」
「(この方が)ナ、カ、ジマ、サン?」
「中嶋和尚、ジョージさんが紹介した副司令官のアレイショスさんです」
「中嶋です。始めまして。お迎えに来ていただき、恐縮です」中嶋和尚の挨拶を西谷が通訳した。
「(ジョージのお友達と聞いて、喜んで迎えにきました。こちらへ)」
 黒い角型の車体に金色で『Policia Federal(連邦警察)』と書かれた、一見霊柩車みたいでなんとなく不気味な様相の、ダブルキャビンのジープが正面入口の駐車禁止区域に堂々と止めてあった。
「(どうぞ)」
「(公用車に?)」
「(大丈夫です。我々の行動はいつも何かの捜査の一環と見なされますから、心配なく)」
「中嶋和尚、どうぞ」
「いいのですか?」
「大丈夫です。ですが、警察に連行されているような感じですね」
 運転席から出てきた彼の部下が二人の荷物を後ろに積み、ドアを開けてくれた。二人は勧められるまま車に乗り込んだ。中は強力な冷房が効いた極楽であった。

 助手席に乗ったアレイショス副司令官は、運転の部下に、
「(ホテル・ジュレマへ)」と指示してから、身体を捻り後部を見ながら、
「(ウエムラは元気ですか?)」
「(はい。上村さんから、よろしく伝えてくれと、これを託されました)」
「(おお、ウエムラも好きなジャックダニエルですね。よく二人で飲んだトウモロコシのウイスキーです)」
「(上村さんとは古い付合いですか?)」
西谷は話しながら、中嶋和尚に会話の内容を通訳した。
「(ウエムラは私の命を何回も救ってくれた刑事時代の相棒です)」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]