ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(39)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(39)

ニッケイ新聞 2013年11月6日

 今、到着した飛行機から、弓や槍を持ち、黒と赤の線で半裸の身体を塗った五人のインディオがどやどやと出て来た。
「彼等はインディオですね」
「そうです。アマゾンを代表して、政府に陳情にやって来た様ですね」
「でも、あの恰好でですか?」
「ええ、彼らもアピールする手段が上手くなりましたね。あのパフォーマンスであれば大統領だって会わないわけにはいきません。それに、彼等は録音機を隠し持っています」
「録音機を? 何故ですか?」
「初めて国会議員に選ばれたジュルナと云う有名なインディオが最初にやった事は、首に大きな録音機を下げた事です」
「録音機を? どうしてですか?」
「彼は『白人は』と云いましたが、実は『政治家は』二枚舌だからと言って、常に録音したのです」
「なるほど、録音される方はたまったものじゃないですね」
「インタビューするジャーナリストまで愚かな事が問えず困っていました」
「あの恰好はインディオの正装ですか」
「そうです。それも、戦いに挑む正装です」
 中嶋和尚がそのたくましい半裸のインディオ達を眺めながら、
「西谷さん、あのインディオ達が『明王』に見えます」
「『明王』に?!」
「はい、丁度五人ですから『五大明王』ですね。私は、あのようなたくましくて実はやさしい『明王』が大好きです。小さい時から『観音さん』『お地蔵さん』そして『お不動さん』と呼んで親しみを持っていました」
「『五大明王』とはどう云う方ですか?」
「『五大明王』は『不動明王』を中央に東に『降三世(ごうさんせ)明王』、南に『軍荼利(ぐんだり)明王』、西に『大威徳(だいいとく』明王』、北に『金剛夜叉明王』と五方位に配され、『如来』さまや『菩薩』さん達を守る頼もしい仏界の戦士達です。その中心的役割の『不動明王』は『大日如来』さまの使者といわれ、字の如く『不動の守護者』、つまり、がんと一つの場所に居座る『守護者』です」
「中嶋さんはたくさん勉強されましたね」
「幼い頃から、祖父が仏の世界を面白、可笑しく語ってくれましてね。それで、仏の個々の特徴や生い立ちに興味を持ち、仏教大学では人一倍勉強したつもりでした。ところが、いじめの大王みたいな先輩に『頭デッカチの愚僧だ』と言われ、将来、僧侶になる自信までなくしてしまいました」
「そんな事ありませんよ、中嶋さんはとっても僧侶らしい方ですよ・・・。 話を聞いていますと、仏とは、『お釈迦』さまだけではないのですね」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]