ホーム | 日系社会ニュース | 男子Vルイス・ミヤギ=女子Vカルラ・ズィリオット=全伯から220選手参加

男子Vルイス・ミヤギ=女子Vカルラ・ズィリオット=全伯から220選手参加

ニッケイ新聞 2013年11月22日

第43回日系ゴルフ選手権

 ブラジル日系ゴルフ連盟(近沢宗貴理事長)主催の『第43回日系ゴルフ選手権大会』が11月16、17の両日、アルジャ・ゴルフクラブで開催され、男子スクラッチでルイス・ヒサヤ・ミヤギ選手が優勝、女子は昨年に続きカルラ・ズィリオット選手が優勝カップをものにした。

 16日は快晴の下、スーパーシニアの男女選手が午前7時からグリーンに上がった。夕刻から雷雨となり、翌17日は朝から雨が降ったが傘を差しながら各選手はプレイ、午後6時まで36ホールを回った。
 17日午後6時から表彰式が行われ、近沢理事長はじめ、後援のニッケイ新聞社・高木ラウル社長、アルジャ・ゴルフクラブの高野隼士キャプテン、PLゴルフクラブ、パウリスタ・ゴルフ連盟代表、またサンパウロ領事館の星野元宏領事たちが各カテゴリーの優勝カップを手渡した。
 北はパラー州、南はリオ・グランデ・ド・スール州まで全伯から集まった220人の選手が2日間にわたって、一ゴルフ場に会して競技されるアマチュアのスポーツ大会としては日系では最大規模であり、ブラジルでも最大級と言われる。自家用ヘリコプターで通ってくる名門サンパウロ・ゴルフクラブ所属の選手もいる。43年の歴史を持ち、男女ともプロ選手を輩出、70代の選手も増え、高齢化が進んでいる。昨年は男子スクラッチ部門から2人がプロ選手に転校した事もあり、今年は男子優勝者のスコアが下がった。大会は本紙の前身パウリスタ新聞時代から共催または後援し盛り上げてきた歴史がある。

CATEGORIA SUPER SENIOR – FEMININO P. Nome Clube Net Net Total 3 YONEKO IKEGAMI AGC 73 78 151 2 HIDEKO BANDO PLGC 70 78 148 1 MARIA OKABE AGC 74 74 148
CATEGORIA SUPER SENIOR – MASCULINO 3 MASSAYUKI SAWADA AGC 68 65 133 2 JONAS KAKIMOTO BGC 69 64 133 1 MASSAKI SAWADA AGC 64 65 129
CATEGORIA SENIOR – HCP INDEX ATE 26,5 – FEMININO 3 MARI N YAMAGUCHI PARANA 77 75 152 2 JUNKO OMURA AGC 76 75 151 1 SAYURI MORI AGC 71 77 148
CATEGORIA B – INDEX 13,0 A 23,8 – SENIOR – MASCULINO 3 YOSHIHIRO MIYAMURA ALF 66 78 144 2 SUEYOSHI SUZUKI AGC 69 73 142 1 KEIITI SUGUIMATI SMC 66 73 139
CATEGORIA A – INDEX ATE 12,9 – SENIOR – MASCULINO 3 WILSON IGAWA AGC 66 77 143 2 YUJIRO FURUSHO AGC 71 72 143 1 TAIJI MORITA AGC 71 70 141
CATEGORIA HCP INDEX ATE 21,5 – ADULTO – FEMININO 3 ELISABET TATSUMI AGC 73 73 146 2 SILVIA NAKAI OKUMURA AGC 70 74 144 1 SUELI MIYUKI HORII PAGC 72 68 140
CATEGORIA B – INDEX 12,7 A 21,3 – ADULTO – MASCULINO 3 GUSTAVO HIDEKI NAGAI BGC 73 69 142 2 KENZO YUI DGC 66 75 141 1 KUNIO ISHIHARA PLGC 70 68 138
CATEGORIA A – INDEX ATE 12,6 – ADULTO – MASCULINO 3 JORGE MITIO HOSOKAWA AGC 74 76 150 2 KAE KENJI YAMADA TACC 76 73 149 1 SEIZO YANO PLGC 78 71 149
SCRATCH – SENIOR – FEMININO P. Nome Clube Gross Gross Total 2 LIDIA MINEY SAWADA AGC 87 92 179 1 SADAKO KURAMOCHI GGCC 87 91 178
SCRATCH – FEMININO 2 CAROLINA NAOMI YAMADA ALF 83 79 162 1 CARLA ZILIOTTO AGC 78 75 153
SCRATCH – SENIOR – MASCULINO 2 SHOZO KARASAWA VVGC 77 81 158 1 MARIO SAWADA AGC 77 80 157
SCRATCH – MASCULINO 2 ADEMILTON DE QUEIROZ PAGC 82 82 164 1 LUIZ HISAYA MIYAGI AGC 81 79 160

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]