ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月22日

 田中栄治さんに代わり、京セラ・ド・ブラジルに新しく着任した成塚久徳社長。台湾、中国、シンガポールとアジアに駐在して15年。5月に日本に帰れる予定だったが、帰ったとたんブラジル行きを命じられ、「会社からは『もう帰ってこなくていい』と言われた」と着任の挨拶をし、「骨を埋めるつもりで頑張りたい」という覚悟の赴任とか。京セラ創業者の稲盛和夫氏率いるブラジル盛和塾も活動さかんな土地柄だけに、さながら〃企業移民〃か。
     ◎
 今月初めにあった日本シリーズを制し、創立9年目にして初のプロ野球日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルス。その優勝祝賀会が22日午後7時から、宮城県人会の屋上で行われる。東北6県人会とブラジル野球ソフトボール連盟の主催。特製のノボリは掲げられるものの、試合映像を流したり、ということはないとか。野球ファン向けというよりは、改めて東北の絆を深めようという趣旨のようだ。会費は男性35レアル、女性25レ。同県人会で毎週行われている『金曜親睦会』形式で、飲み・食べ放題。
     ◎
 『岐阜県人会便り』11月号に《県内小学校、また「給食に異物」岐阜市で汁物に青虫》という記事が掲載されていた。3年生児童がすまし汁に《体長8ミリの青虫が入っていることに気付き、男性教諭に伝えた。全校放送ですまし汁を口にしないように指示した》とある。それを読み聖州奥地の農場に取材に行った時、住民がヤカンに入っていたカフェをコップに注いで口に含んだら、急にペッと小さなハエを吐き出し、何事も無かったかのように続けて飲んでいたのを思い出した。もちろん記者もそれに倣った。その記事にある全校分のすまし汁は、たかだか一匹の8ミリの青虫のために廃棄されたのだろうか…。衛生と食べ物のムダは、どっちが大事か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]
  • ■今週末の催し2018年4月26日 ■今週末の催し  28日(土曜日)  サンパウロ日伯援護協会定期評議員会、午前9時半、援協本部ビル神内ホール(Rua Fagundes, 121, Liberdade)      ◎  1959年4月23日サントス港着あめりか丸第42回同船者会、午前10時半、文協ビル県連会議室(Rua […]
  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]
  • 大耳小耳2017年8月26日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》と […]